伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 山口県の伐採サービス

山口県対応の弊社加盟店のご紹介

お掃除サービス
山口県で伐採を引き受けてくれる会社に、お掃除サービスという会社があります。こちらの会社は、草むしりから住宅におけるあらゆる悩みを解決してくれる会社で、清掃業務全般、ハチの駆除、リフォーム全般、水のトラブルと、ありとあらゆる悩みを解決してくれています。伐採ですと、個人用に樹木1本からでも請け負っており、大変重宝されている会社です。伐採する際に気をつけなければいけないのが、倒す方向を事前に決めなければいけません。倒す方向を決めるには、樹木の重心がどこにあるのかを見定める必要があり、素人にはとても難しいでしょう。他にも周りの地形や風向き、枝の付き具合なども考慮して考えなければいけなく、更には、決めた方向っへ正確に倒す技術も必要になってきます。お掃除サービスは、長年の経験や豊富な知識から身についた確かな技術がありますので、伐採などでお悩みの方の心強い味方となってくれることでしょう。
ミツヤ工業株式会社
山口県のミツヤ工業株式会社では伐採を取り扱っています。皆さまのお庭にある1本の庭木から、山の一面にある木の伐採にまで幅広い対応を見せてくれる業者なのです。たった1本の木であれば自分でやろう、と思って大きな庭木に挑もうとされているのでしたら、それは止められた方が良いでしょう。小さな植木1本であればご自身でやられても良いかもしれませんが、大きな庭木の場合は業者に依頼をした方が様々な利点があります。まず、皆さまでは安全に伐採ができません。大きな植木になると倒れる方向まで計算しないといけないですし、高い位置での作業になることが多いです。慣れない皆さまでは無理でしょう。また倒した後の木の処分についても問題です。大きな木をどのようにして処分すると良いのか困っている人も多いのでは?ミツヤ工業株式会社はどちらも取り扱っています。大きな木であっても安全に伐採してくれますし、また切り倒した後の木の処分までしっかりやってくれるのです。作業の際に落ちた枝葉まで処分をしてくれ、更に希望をすれば切り株も引き抜いてくれます。木の根から頂上まで全てを処分したい場合に、ミツヤ工業株式会社は非常に頼りになるのです。
ライフアシスト
ライフアシストは伐採を含め、様々な困りごとに対応している山口県の業者です。伐採は人気の作業であり、不用になった庭木の処分を数多く頼まれています。庭の模様替えをする時に木は処分されますし、育ってしまって皆さまでは管理できないまでに生長した木も思い切って伐採される方も多いです。木の管理はしっかりやらないと日陰を作りすぎてしまったり、落ち葉が増えてしまって迷惑になったりなど、近所のトラブルを誘発してしまいます。その管理が行き届かなくなるまでに高くなってしまったら、皆さまにとってはもう手がつけられない庭木です。もうこれは処分をするしかありません。そこでライフアシストの伐採です。皆さまが簡単に管理できる庭のためにも、手入れができないような庭木は伐採します。ライフアシストは様々な作業の経験があり、その経験はそれぞれの作業に活用されているのです。この経験の力を使い、より活躍するのがこの業者の強みになります。伐採においてもその強みを存分に発揮してくれることでしょう。

山口県の森林率は?樹木の種類やこの地域木について

山口県の森林率は全国16位、森林面積は県土の70%でほとんどが民有林です。そのうちの40%がスギ、ヒノキを中心とする人工林ですが、ヤブツバキなどの常緑広葉樹の植生割合も高くなっています。県の木であるアカマツは、薪の原料としても有名です。山口県のアカマツなどの松林は県土の13%にあたる82000ヘクタールを占めています。松林は海岸部では暴風や波、砂の飛散を防ぎ、山間部では土砂流出を防いできましたが、松くい虫によって松が枯れる被害も出ています。伐採には、対象となる木を切る主伐と、込み合ってきた木を間引く間伐、生長させたい木以外を切る除伐などがあります。主伐はすべての木を切ってしまう場合と、伐採に適した木を選んで切る択伐があり、森林の更新を図ります。間伐は樹木の生長を促す目的と、地表に日光が届くことで下草が茂って土壌の流出を防止する目的があります。間伐を行わないと、「もやし林」と呼ばれる細い木ばかりになって木材としての品質が低下するばかりか、下草が生えないことで保水性が無くなり雨による土砂の流出が起こりやすくなります。さらに「もやし林」になってしまってから強い間伐を行うと、風雨で木が全部倒れてしまうことさえあるので、森林の維持にとって間伐は計画的にしなくてはならないものなのです。間引いたことで出る間伐材は、伐採地から運び出す経費が高くつくことから建築用には需要が少なかったのですが、最近では県産材を活用する取り組みが高まっています。また従来からの利用法である割り箸や家具の他、合板や再生紙に加工するなどの用途が広がってきています。庭木が少ない時には、間伐は必要ありませんが、林や山の所有者は間伐が必要になります。山口県でも長期間にわたって放置された森林を間伐して、水源を守り土砂災害を防止する計画により昭和50年から間伐を推進していて、県域を4つの森林計画区に分けて、森林の育成を図っています。

伐採110番の山口県地域における対応エリアについて

  • 下関市
  • 宇部市
  • 山口市
  • 萩市
  • 防府市
  • 下松市
  • 岩国市
  • 光市
  • 長門市
  • 柳井市
  • 美祢市
  • 周南市
  • 山陽小野田市

山口県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年07月11日
    エリア
    山口県下関市
    参考金額
    46,297円

    高さが4メートルの松が1本、高さ5~6メートルで太さが20センチメートルの種類不明の木が1本あり、伐採を希望されるお客様からお問い合わせをいただきました。剪定が難しければ伐採を考えるとのことでした。見積り希望日に指定はなく、お客様の指定される日時までに折り返しの連絡を希望されていました。

  • 受付日
    2016年05月27日
    エリア
    山口県周南市
    参考金額
    20,000円

    枝切りのみをしてほしいとお客様からご依頼をいただきました。種類や高さなどは不明でしたが、木の処分をご希望されていました。こちらのお客様はご相談の後お見積り日を決めたいとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2015年02月16日
    エリア
    山口県下関市
    参考金額
    5,556円

    腐らせた木材が必要なため、伐採をしたいというご相談をいただきました。木の種類は不明とのことでしたが、高さは5メートルほどで、太さは人が抱きかかえられる程度とのことでした。対象のサイズの木を2本伐採してほしいという相談内容でした。伐採後の処分も抜根も必要ないので、早めに見積りを進めてほしいと希望されていました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!