伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 和歌山市の伐採サービス

和歌山市対応の弊社加盟店のご紹介

エイト
木というのは、他の植物に比べて成長速度がとても緩やかな品種が多く、10年、20年と少しずつですが大きくなっていきます。人間というのは普段から見慣れた景色だと、少しの変化では気が付かないようで、いつの間にかお庭の木が屋根より高くなってしまった、なんてことも多いようです。大きな庭木は歴史を感じさせますが、一方で枯れ葉や枯れ枝が広範囲に、大量に降り注ぐことになります。また、陽の光や風通しを遮ってしまう事もあるため、特に夏場などは暑苦しいと感じてしまうこともあるかもしれません。適度な高さの木であれば剪定を行なうことで解決できますが、大きくなりすぎるとそれも難しいものです。エイトの伐採サービスでは、個人住宅、もしくは集合住宅に植えられている庭木などについて切り倒して、処分まで一貫して行なうことが可能です。民家の近くでの伐採は事故の危険もありますが、幾つもの現場に対応してきた技術力で安全に、そしてスムーズに伐採を勧めてくれます。
新和建設
伐採は、場所によって難易度が様々に変わります。周りに一切何もない場所と、周囲に住宅や歩道、電線がある場所では、作業の方法を変えていく必要があるのです。新和建設では、様々な場所での伐採の技術に長けた業者で、難しい場所の伐採にも、お客様の意向と安全性に従って可能なかぎり対処してくれます。伐採は、一歩間違えば様々な事故に直結している作業なので、そういった経験豊富な業者が必要不可欠です。頼りになる業者ならば、それほど心配せずにまかせて置けるので、様々な局面で活躍してくれます。伐採後の木の処分もとても重要です。人の背丈程度の木でも、全体的な大きさはかなりのものです。それが住宅の2階部分にも届きそうになるとなれば、切り倒したまま放置しておくことは難しいものです。新和建設ではそれらについてもキチンと処分まで責任持って対応できるので、木の伐採を一貫して依頼できる会社といえるでしょう。
池内興業合同会社
和歌山県で伐採に関する困りごと、ご相談については、この池内工業合同会社が大変頼りになります。木々の伐採というのは、お庭や山林の管理の1つとしてとても重要な要素を占めています。しかし、木の伐採というのは、剪定を行なうよりも更に注意が必要な作業です。木が高くなればなるほど、切り倒す際の方向が重要になります。もし万が一、倒れる方向を見誤って、住宅や電線、更には作業者に直撃するようなことがあってはならないのです。池内興業合同会社では、長年木々の伐採を行ってきた経験、それに技術でもって対応をしてもらえるので、安心して作業を任せることが出来るでしょう。また、伐採の終わった後の作業も、業者選びのポイントです。切り倒したら終わりではなく、切り倒した木の処分、また地中に残っている根の部分の処分も必要不可欠です。特に民家の庭で伐採を行なう時、これらを放置すると後処理が大変です。その点においても、この池内興業合同会社なら、しっかりと責任持って処分のご提案もしてくれる業者ですので、その点でも安心して利用することが出来る業者と言えるでしょう。

和歌山市の農林業従事者は何人?市の特徴は?

和歌山市の農林業に関わる人は2009年の統計では270人で、林野面積は和歌山市全体の1.7%の6248ヘクタールです。和歌山県は「木の国」とも呼ばれ77%が森林で、民有林が95%を占め、その61%は造林された人工林です。和歌山市の木は寿命の長い樹木であるクスノキです。昔から和歌山の木は優れた木材「紀州材」として珍重されてきました。紀州材のヒノキやスギは強度や耐久性に優れ、色合いよく艶があり、目合いがよく狂いが少ないと高く評価され住宅用材に多く使われています。木の粘りともいわれる強度は全国の基準値を上回っています。和歌山の特用林産物として有名なものに紀州備長炭があります。紀州備長炭はウバメガシから作られる炭で、特に白炭は固くて良質で、一度着火すると火力が安定して長時間燃え続けるため焼き物などの料理に最適だといわれています。また和歌山はウメでも有名です。栽培面積はウメの出荷量とともに全国1位で、主な品種には「南高」や「古城」があり、特に南高梅は梅干しの最高級品といわれています。梅の木は和歌山の人々に愛されているだけでなく梅の花の観光名所になって多くの観光客を集めています。加工されて様々な物になる木材ですが、木を伐採するには専門の知識が必要です。庭の植木の場合でも、木の高さや木の重心によって木を倒す方向が決まります。伐採する木の周辺の様子も伐採には大きな要素となります。斜面になっていれば、倒す方向によっては跳ね上がったり材が割れたりする危険性があります。伐採する時には木の周囲が開けている場合は良いのですが、切った幹を横倒しにできるほどのスペースがなければクレーンで吊って作業しなければなりませんし、切った木が他の木に寄り掛かったりしないよう気をつけなければなりません。またあらかじめ枝を払ったり切った木を処分したりする方法も考慮する必要があります。またその際にクレーンやトラックが伐採場所まで入れることも重要です。伐採した後、抜根をしないでそのまま放置しておくと20年ほどで太さも高さもある木に戻ってしまいます。

和歌山市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年09月25日
    エリア
    和歌山県和歌山市
    参考金額
    46,300円

    自宅の庭を更地にしたいと、お客様よりご相談をいただきました。車1台の広さで、草が生えてしまっていて、草刈りか草むしりで安くできる作業を頼みたいとのことでした。また、4~5メートル、太さ10センチメートルほどのサルスベリなどの木が2~3本生えており、抜根を希望されました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!