伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 徳島県の伐採サービス

徳島県対応の弊社加盟店のご紹介

あなたの便利屋ワイプラン
一口に伐採と言っても行われる場所は様々で、住宅の大きくなりすぎた庭木を切り倒すこともあれば、山林で行われる大規模な間伐なども同じ伐採です。ですから業者に伐採を依頼する際には対応できる伐採内容が限られているのではないかと心配になることもあります。そんな時、様々な依頼に広く応えてくれるのがその名も、あなたの便利屋ワイプランです。大規模伐採から草刈まで幅広いサービスを取扱うこの業者では、様々な伐採依頼に一つ一つ丁寧な現地調査を実施して対応してくれます。樹木の根本から高所までの状況を詳しく確認し、周囲への影響を可能な限り抑えた経済的な施工方法を分かりやすく依頼者に説明、最後まで希望に沿った伐採作業を徹底してくれます。作業日程などの相談にも柔軟に応えてくれるので、気軽に問い合わせていけば想像以上に理想的な伐採作業を実現できるかもしれません。

徳島県の森林率は?樹木の種類やこの地域木について

徳島県の森林率は全国10位となっています。2007年の統計データによれば森林面積は31.23万haです。徳島県の総面積から割り出した森林面積率としては75.3%となっており、総面積の約1割程度は森林を保有している地域となっています。県の木はヤマモモです。ヤマモモの成木は20m程の高さになり街路樹にも活用されている木で、幹は太くなると灰褐色の樹皮に覆われ多数の楕円形の皮目を持っているという特徴があります。徳島県南部では古くから良質の木材を生産する地域で、現在は特に海部川流域ではスギやヒノキの人工林が多く植林されているとされています。しかし、徳島県ではかつて本来の植生は「シイ」や「カシ」などの常緑の広葉樹林が広く分布していたと考えられ、燃料用の薪や炭の材料として京阪神地方に出荷されていたとも言われています。県の南部地域における美浜町や牟木町、海陽町の3町において森林面積は約47.200haとなっています。またこの南部地域における森林の割合は90%と、徳島県平均の75%を大きく上回ってもいます。こういった統計データから、徳島県では主に南部地域において豊富な森林が見られる地域であるとも言えます。この地方では古くから山を荒らさず10年から20年で生産することができる「こりき林業」という技術が発達していると言われています。これはもともと広葉樹を利用した薪炭原木の生産を目的として行われていた南部地域独特の手法であるとされます。そうした林業形態があるなか、現在ではインターネットの登場によって伐採の相談や依頼をする事もできるようになっています。インターネット上において伐採依頼をする事が可能な「伐採110番」は、わかりやすい見積りシステムによって作業の規模を問わず伐採を依頼する事が可能で、便利なサポートネットワークです。伐採をインターネットで依頼というシステムは今までにはあまり見られなかった新しい体制で、いつでも思いついた時に伐採依頼をする事ができます。また作業規模を問わないため、様々な依頼にも対応可能という特徴もあります。人工林の間伐から庭木の管理まで幅広く作業内容をサポートしているという点において、一般の方でも安心して活用できるメリットがあると言えるでしょう。

伐採110番の徳島県地域における対応エリアについて

  • 徳島市
  • 鳴門市
  • 小松島市
  • 阿南市
  • 吉野川市
  • 阿波市
  • 美馬市
  • 三好市

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!