伐採・間伐ならお任せください庭木のお困りごとは、伐採110番まで|最新情報・レポート

無料相談
メニュー
伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート

最新情報・レポート

伐採に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いいたします。
最短5分で到着 約30分で完了 ここをタップして無料見積りを依頼
お電話が繋がりやすくなっております

「びわの剪定時期がわからなくて、いつ手を加えればいいかわからない!」  「思っていたよりびわの実を収穫することができない」 このように、びわの育て方にお悩みではありませんか? びわは剪定することで大きさを抑えることができます。 生長が早い樹木ですが、枝を切りすぎると実つきが悪くなったり枯れたりする点は要注意です。 このコラムでは以下の内容を解説していきます。 びわの...

「庭木の落ち葉や害虫の発生に困っている」 「自力で木を伐採するのが難しい」 このように、邪魔な庭木にお悩みではありませんか? 伐採が難しい木は、まず枯らす方法が有効です。 枯らすことで水分が抜けて軽くなり、伐採作業や後片付けが楽になるからです。 また、水分が抜けた木は薪として利用もできます。 このコラムでは以下の内容を解説していきます。 除草剤で枯らす方法...

伐採というとただ木を切るだけのシンプルなものと思われがちですが、そこに辿り着くまでには、実はさまざまなことを考慮する必要があります。その証拠に、伐採をするにあたり注意すべきことを示す、古くからの言い伝えが今日まで残っています。 このコラムでは、伐採に適した時期についてだけでなく、そのような言い伝えや伐採にともなうお祓いについてもご紹介いたします。伐採をおこなうなら、昔から伝わっている...

「木が大きくなりすぎて邪魔」 「庭木の高さを抑えたまま維持したい」 このように、大きく生長した木にお悩みではありませんか? 木の大きさを抑えるには「芯止め」が有効です。 芯止めは樹木の最も高い位置にある枝の先端を切り、上に伸びる生長を止めることです。 樹木を管理しやすい大きさで維持できるのはもちろん、枝や葉に栄養が流れて樹形が横に広がるため、全体のバランスがよくなるメリットも...

持っていても中々活用が難しい山林を土地としてご所有の方、管理の方は大丈夫でしょうか? 元々は材木として活用するはずだった木々も、最近は外国産の安い木材に押されて、需要が減っているようですから、そのまま放置状態になっている森林も多いそうです。 しかし、そのままにしておくと、山林としての価値が低下することに繋がるだけでなく、危険も考えられます。 山林の木々は、ある程度まで成長すれば枯れていくもの...

様々な理由で必要となる伐採。 例えば土地開発のための伐採であったり、栄養の過度の分散を抑えるために、木の数を減らす伐採などです。 こういった理由で行われる伐採ですが、伐採した木はどうなるのでしょうか。 無駄なものとして処分されてしまうのでしょうか。 環境や資源についての問題が、取り上げられることも多い昨今です。 こういったことが気になる方も多いでしょう。 結論からお伝えしますと、伐...

何本もの木が並んでいて、道に大きく張り出したり、電線に掛かりそうな場合、幾つかの選択肢があります。すべて伐採するか、危険な木のみ伐採するか、あるいは剪定でとりあえずその場を凌ぐかの3つが考えられますが、これには一長一短があります。 すべて伐採をすれば、その後木の手入れをする必要はありませんが、景観維持の観点から、あまり好まれない場合もあります。その後で新しく木を植え直すのであれば、この方法でも良...

スギ科に属する針葉樹の「メタセコイア」ですが、6430万年前から260万年前の新生第三世紀にはすでに地球上に存在していました。日本だけでなく、北半球のカナダ北部やシベリア、グリーンランドでも多く生えていました。歴史の長い「メタセコイア」ですが、現在でも日本各地で見る事ができ、愛媛県の伊予市では市の木になっていますし、大阪市の長居公園の並木も有名です。また、滋賀県高島市の並木は、主婦の友社が選ぶ日本...

お家の背面に、私有地の山があったり、高台にお住まいの方は、自宅敷地内に傾斜地がある場合も考えられますが、そこに木が生えている場合、お手入れはされていますか? 場所が場所だけに、普段は放置状態になっているかもしれませんが、放置された木は風災害で倒れたり、病気になってしまう場合があるので、特に残しておくつもりがないのであれば、伐採してしまうのも一つの考え方です。 しかし、伐採というのは元々危険と隣...

伐採は生木を切ります。皆さまが木を切るというのでイメージするのは木材を切るときの感触ではないでしょうか。硬い木材を切る時のような感触が生木の時もするのではと考えているかと思います。しかし、実際には生木と材木では違うのです。材木を切る時は木くずを出しながらぎこぎこと切れるのですが、生木はのこぎりの刃に断面がくっついてしまうためになかなか切りにくくなっています。どうしてこういったことが起こるのかといい...

防風林とは、文字通り強風による被害を防ぐために設けられた林の事を言います。防風林を育てておくことで、家屋や農地を守ることにつながりますし、その土地の景観の向上や敷地の仕切りなどにも利用される事があります。防風林は常緑樹が利用されており、代表的な樹木としてはスギ・カラマツ・クロマツなどがあり、土地によっては塩害や寒さに強い樹種が選ばれる事があります。 防風林は風を防ぐという役割がありますので、...

人間の考えているよりも、木というものの寿命は長いものです。 樹齢が100年を超えてまだ健在な物もありますし、桜の場合はだいたい50年程度と言われています。 屋久杉のように、1000年以上の樹齢を誇るものもあります。 ただ、一般の住宅街ではそれほど長生きしない場合も多く、中には植えてから10数年程度で枯れてしまうことも珍しくありません。 ここで問題になるのが、枯れ木の処分についてです...

日本を代表する花といえば、桜ですよね。我々は、春になるとお花見や写真撮影などをして桜を楽しみます。しかし、皆さんは桜のメンテナンスの仕方や剪定方法をご存知でしょうか? 桜はメンテナンスをしないと見た目が悪くなるどころか、病気になって枯れるおそれもあります。また、間違ったメンテナンスをしてしまうと逆効果になり、桜の寿命を縮小してしまいます。 今回は桜を美しく健康に保つために、...

木を切るというと、木材を切るようにギコギコとのこぎりを動かせば、木くずを出しながら切ることができるという構図が思い浮かぶかもしれません。しかし、生きている木を切る時にはそのように上手くはいきません。木くずを出しながら切ることができるのは乾燥した木材のことで、生きている木ではないのです。この生木を切る際には木材を切るような感覚でやってはいけません。木材は乾燥させてあるので水分がありませんが、生木はま...

木を切る方法と聞くと、伐採と剪定の2種類の方法が思いつくのではないでしょうか。 どちらも木を切ることに変わりはありませんが、伐採は木を根元から切ること、剪定は枝を減らすことを意味します。 状況に応じて樹木を伐採して丸ごと除去したり、剪定で風通しをよくしたりすることで、庭木は美しい状態を保っているのです。 伐採と剪定は目的や作業に適したタイミングが異なります。 それらを正しく...

よく「剪定」と「伐採」を混同されていることがありますが、 「剪定」と言うのは、樹形を整える為に行われる作業のことで、 「伐採」と言うのは、森林地帯にある樹木を伐り倒す作業のことを指します。 ですので、今後どちらかをする必要性が出てきましたら、 上記それぞれの違いについてよく覚えていただけたらと思います。 さて、伐採は自分で行えることは出来ますが、 倒れた樹木に下敷きになる可能性とい...

台風や洪水、地震などの自然災害を受けて、所有している木が折れて倒れてしまうことがあるでしょう。倒れた木は二次被害防止のためにも、早めに処分する必要があります。しかし、倒木処理は一歩間違えると、作業中に木が裂けて飛び跳ね人に当たってケガをしてしまうかもしれない危険な作業です。 そのため、倒木処理はなるべくプロに任せるのがよいでしょう。費用削減のためにも自分でおこないたいという方のために...

ご自宅のお庭などに植木をされている方々は、剪定や伐採などについて悩まされる機会もあるかと思われます。剪定は植木の種類に応じて定期的に行う必要がありますが、大きくなりすぎてしまうと伐採しなければいけない状況も考えられます。伐採が必要となる原因は、他にも近隣とのトラブルや引越しなどに伴う作業として行われることもあるでしょう。そんな時に、「木は1年でどれほど成長するのか」を気にしたことはないでしょうか。...

「切り株にシロアリがいる!こういう場合放っておいたらいなくなるのかな。それともすぐにどうにかした方がよいのかな」 と悩むような状況に遭遇したことはありませんか? いざシロアリを発見しても、対処法を正しく理解している人は少ないかもしれません。 そこで今回は、切り株にシロアリが発生してしまう理由と、切り株の処分方法を紹介していきます。 シロアリ被害を防ぐためは、伐採時に伐根もおこなって...

「庭木が育ちすぎて敷地外にはみ出している!」 「高くなりすぎて自分では剪定できない」 とお困りではないですか? 大きく成長した木は、剪定や伐採をおこなう必要があります。 道路や隣家の敷地に枝葉が飛び出したままにしておくと、ご近所トラブルや事故に発展しかねないからです。 しかし、高くなりすぎた木の剪定や伐採は簡単ではありません。 この記事を読んでご自宅の庭木の状態を把...

各種クレジットカードOK

各種クレジットがご利用可能です

※ 手数料がかかる場合がございます
※ 一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます