桜は伐採する必要がある?伐採・抜根の時期や方法

桜の伐採・抜根目的や方法について

 

桜は、日本を代表する木の一つで、毎年春になると楽しまれることはさることながら、外国人から「日本と言えば桜が美しい」と考えられることも多く、日本の風物詩として定着しています。

 

そんな桜は堤防沿いなどで多く見られますが、美しい桜も樹木であり生長するため、さまざまな目的で伐採・抜根されます。桜を伐採・抜根するときは、適した時期や注意点について知っておく必要性があります。

 

本記事では、桜の伐採方法と、伐採するうえでの注意点などをご紹介しますので、桜の伐採を考えている方の参考になれば幸いです。

 

目次

 

桜の伐採・抜根目的はさまざま

桜の伐採・抜根目的はさまざま

 

桜の伐採・伐根はなぜ行われるべきなのでしょうか。この章では、伐採・伐根をする4つの目的と、桜を伐採するのに適した時期についてご説明します。

 

桜を伐採・抜根する主な目的

 

管理が大変になった

まず一つ目の目的は、桜の木の管理についてです。自宅の庭や道路沿いに桜があると、春に花びらが落ちたり、夏が終わると葉が落ちたりということがあるために、掃除を行う必要があります。


そういった桜の管理が難しい場合には、木を伐採するという手段を使うこともあるようです。

 

日当たりをよくする

お庭に桜がある場合などは特に、桜が大きくなるにつれて庭が葉で覆われ、室内に必要な分の日光を取り入れられないという状況が起こりえます。
そんな時に、剪定または伐採をすることがあります。

桜は植物なので、日光を浴びて光合成をします。
川沿いや並木道などで桜の木が何本も隣接している場合には、それぞれの桜にうまく日が当たり美しい樹形を作るために、数本の桜を伐採することもあるようです。

 

葉や花が落ちて近隣に迷惑をかける

管理の大変さと同じようなことですが、管理が行き届かないと、持ち主のご自宅のお庭だけでなく、公共場所である道路や隣の家にも桜の葉や花びらが飛んで落ちることがあります。


トラブルになり近所仲が悪化する可能性にも注意する必要がありそうです。


また落ちた葉や花びらで雨樋が詰まってしまうこともあり、雨漏りの原因を作ってしまうこともあります。

 

病気の蔓延を防ぐ

植物の病気を防ぐために伐採をおこなうこともあるようです。
例えばソメイヨシノなどの種類は他の種類の桜に比べて病気にかかりやすく、桜が病気にかかったまま放置しておくと、桜は枯死しますが、木が隣接している場合には病気が次々に蔓延してしまうこともあるようです。
病気による桜の被害をできるだけ抑えるために、病気にかかった気を伐採するなどの処置がとられます。

 

桜の伐採に適した時期

桜の木の伐採の時期は特に決められておらず、年中いつ行っても結果に違いが出るようなことはないようです。


しかし、大きく生長した桜の木を葉や花びらのある春夏の時期に伐採すると、葉の掃除が大変になる可能性もあるので、桜の成長が止まり、葉も落ちた秋を過ぎたころに伐採すると、作業がスムーズにいくでしょう。



年中いつでも特に問題はないですが、天気や気候には注意が必要です。
また、伐採するときには、周囲に伐採をすると危険なものがないかなども確認しておきましょう。

 

桜の伐採から抜根までの手順

抜根を行う主な理由と意味

 

桜の木の処分には、伐採と抜根の2つの作業があります。

この章では、伐採・伐根の流れを事例と共に説明していきたいと思います。

 

 

 

桜の伐採方法・事例

桜は大きく生長することもあります。
桜の木は高木であることが多いので、ロープやクレーン車、特殊伐採車などで樹高調整をすることもあります。

 

また、桜の木の枝は四方に広がるように伸びるので枝が電線に引っかかることもあります。
この場合、クレーンなどを使用して、電線に気を配りながら丁寧に作業します。

 

桜は住宅街や道路脇に植えられていることも多いので、伐採をする前に家や交通人などの安全を確認し、トラブルを未然に防ぎます。

 

大きな木を伐採する際にはお寺の住職さんを呼んでお祓いをすることがあります。
これは古くから大きく育った気には魂が宿ると言われているためです。

 

桜の抜根方法

伐採が終われば、次は伐根作業に入りますが、伐根という言葉に聞きなれない方もいるかもしれません。

抜本とは文字通り、樹木の根を土壌から抜く作業のことを指します。

 

伐根作業は基本的にクレーンなどの重機を使って行われますが、民家など場所によっては重機を導入・撤去するとこが難しい場合もあります。
そのような場合には、手作業で土を掘り桜の根を掘り起こすこともあるようです。

 

桜の根が土壌に深く広がっていると、周りの環境や設備に悪影響が出てしまう場合があります。
伐根をする際には事前の環境調査が必要といえます。

 

 

伐採・抜根後には新しい桜を植えましょう

桜は美しく、春には花見などをして楽しめるものでもあります。

せっかくですから、伐採した場所を使う予定が無い場合や桜の寿命で伐採した際には、新しい桜を植えましょう。

 

桜を植えるのに適した時期は3月ごろですので、この時期に挿し木や接ぎ木を植えてみましょう。


この時期以外に伐採をする場合にも、春前まで待ってから桜を植えることをおすすめします。

桜を伐採・抜根する際の注意点

近隣問題にならないように行う

管理の行き届いていない桜の木を放置しておくのも近隣への迷惑になりますが、伐採の最中に迷惑をかけてしまうことも考えられます。
隣の家の屋根に枝が飛んでいかないかなど、細心の注意を払って、近隣トラブルが起きないようにしましょう。

道路に面している場合は通行人・通行車両の進行の妨げにならないように行う

伐採中は葉や木の枝、幹が道路に落ちることもたびたびあります。
通行人や車両には十分な配慮をして伐採作業をするようにしましょう。

伐採・抜根した樹木を放置するのはトラブルの元

伐採・伐根した後の樹木をその場に放置しておくと、虫がすみかにしようと寄ってきたり、庭があらされたりします。
近隣の方にも迷惑がかかるかもしれません。
雨が降ると樹木が水分を吸い取り、処分が大変になります。
伐採後は素早い処分が求められるので、樹木の処分の仕方を事前に業者の方に相談し、引き取ってもらうなど処分方法を明確にしておきましょう。

抜根を行う際には土壌や排水・住宅設備に影響がないか確認する

桜の木は比較的大きいですので、根も広く根付いていることもあるかと思います。
伐根をするときには、地上だけでなく地中の確認をします。
根を抜くことで住宅や排水設備、土壌環境などに影響が出ないかを調べ、安全を確認してから作業を始めるようにしましょう。

自分では行わない

高所での作業になることもあり、クレーン車などの機器を必要とすることもあるので、自分で作業をすることはおすすめしません。
できるだけ業者に依頼をして伐採をしてもらいましょう。
もし自分で行う場合でも、ケガや近所とのトラブルなどには十分に注意して行う必要があります。

 

まとめ

本記事では、桜の木の伐採方法とその目的や注意点についてお伝えしました。
桜の伐採を考えている方は、ぜひ本記事に書かれたことと以下のまとめを参考にしてみてください。

 

桜の木はさまざまな目的で伐採される
時期はあまり関係がない
伐採の後に樹木を放置するのはよくない
可能であれば伐採後に桜の苗をうえよう
伐採の際は近所への迷惑にならないか十分に注意する
自分での作業はできるだけ避け、業者に依頼する

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-170-251
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼