伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 相模原市の伐採サービス

相模原市対応の弊社加盟店のご紹介

臼井外溝サービス
臼井外溝サービスでは、伐採に関する依頼も承っている会社です。森の木を伐採するということにあまりいいイメージがない方も多くいらっしゃるかと思います。ですが森の木を伐採することで環境破壊につながるものではありません。森に木が生えすぎることで森自体が正常なあるべき状態を保てなくなる場合もあるのです。また木の葉っぱが光合成をすることによって、二酸化炭素を吸収して酸素を出す運動をしてくれます。木自身も酸素を取り込み二酸化炭素を吐き出す動きをしています。この二酸化炭素と酸素の割合は木が若いときは二酸化炭素の吸収の方が多いのですが、だんだん老木になるにつれてその割合が逆転し二酸化炭素を吐き出す割合の方が多くなってしまいます。ですから、木をそのまま残しておくことだけが環境にいいことだとは限らないのです。森にある木を伐採をやり過ぎることは良くないことではありますが、場合によっては森の木の伐採も必要だということです。
株式会社大川商事
株式会社大川商事は、伐採に関する業務を行っている会社です。間伐材というのは必ず出てきてしまうものです。しかし、間伐は木の密集度をなくすためや丈夫な木を育てるためにも間伐は大切なことです。ですが間伐の際に出た木はまだ成長の途中だったものなので木自体も細いものが多く、建築の際の材料としては使えないものが多数です。そこで、使い道として割り箸として使われることが多くありました。ですがその割り箸自体も最近ではあまり使われる機会が減ってきているために、間伐材の新たな使い道を考える必要がありました。そんな中で家具のデザインの一部として利用したり、子供たちのおもちゃとして利用されるケースが出てきました。また、間伐材を家庭のストーブや工場のボイラーなどの燃料にするというアイデアまで出てきています。このように間伐材の使い道もさまざまなものが出てきていて、間伐した際に出た木材もムダになることが少なくなっています。
有限会社田中通商
有限会社田中通商は、木の伐採なども行っている会社です。普段の生活の中ではなかなか知る機会がないですが、伐採に関する決まり事を示した森林法という法律があります。これは森林などに関する森林計画、保安林、森林組合などで国土の安全や森林の保護、生産力の向上などを図ることを目的として実行されています。その法律の中で森林の木を伐採する際はあらかじめ各市町村などに伐採の届け出や伐採に関する許可申請などの手続きをすることが必要だと決められています。なので自分の判断だけで勝手に森の木などを伐採をすることはできないのです。さまざまな理由で伐採を行わなければいけないケースもありますが、森林を守るために国が定めた法律なので、その法律を守りながら必要な伐採だけを行うことが大切なことでもあり、自然にとってもいいことなのです。

相模原市の農林業従事者は何人?市の特徴は?

相模原市は、神奈川県北部に位置する政令指定都市です。市の総人口は約72万人ですが、ベッドタウンとして今後さらなる発展が見込まれていますので、当分の間は人口が増え続けるだろうと予想されています。この地域は、中世までは原野が広がったとても不便な場所でした。そのため、住んでいる人はあまり多くありませんでした。しかし、江戸時代に入ってからこの地で新田開発が盛んに行われるようになり、人口が増加しました。その後、近年になりベッドタウンとしての宅地開発が進み、現在に至っているというわけです。昔に比べると相模原市内にある森林の面積はグッと少なくなり、現在の森林率は約58%になっています。面積が減ったとはいっても、市域の約6割が森林になっているわけですから、近代化が進んだ都市にしては自然環境に恵まれた都市の部類に入ります。ただし、市内にある森林の約95%が民有林になっているため、適切な伐採が行われず、森林の荒廃が進んでいることもあるのが実情です。相模原市内の森林の植生としてあげられるのは、スギやヒノキの多さです。つまり、もともとこの地に自生していた自然林ではなく、材木に加工するために人間が植えた人工林が大部分を占めているということになります。昔は相模原市内の林業が栄えていましたから、植樹・間伐・伐採が定期的に行われ、健全な森林が形成されていました。しかし、海外から安価な木材が大量に輸入されるようになり、この地の林業が衰退してしまいました。政府の統計によると、2009年の段階で相模原市で農林業に従事している人の数は991人になっています。決して少ない人数ではありませんが、昔に比べると大幅に減っているのは事実です。 定期的に伐採をしないと、森林が暗く鬱蒼とした状態になってしまいます。そうなってしまうと生態系が崩れてしまいますし、地盤の保水力が低下して自然災害が発生しやすくなります。また、ゴミの不法投棄などの問題も起こりやすくなってしまいます。そうなってしまわないようにするためには、伐採110番を利用して、森林の管理をしっかりと行うようにするのが望ましいです。

相模原市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年12月24日
    エリア
    神奈川県相模原市南区
    参考金額
    23,148円

    庭の樫の木の伐採をご希望のお客様がいらっしゃいました。高さは4~5メートルで、太さは30センチメートルの木1本の伐採をご希望とのことでした。見積り希望日についてはまた後日相談したいとのお話でした。

  • 受付日
    2016年07月26日
    エリア
    神奈川県相模原市南区
    参考金額
    22,000円

    高くなりすぎた木を処分してほしいとお客様からご依頼をいただきました。木はゴールドクレストと雑木が1本ずつで、枕木の杭のようなものも7本あるので処分してほしいとのことでした。伐採後の木の処分と抜根をご希望されており、お見積り日は相談したとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2016年05月14日
    エリア
    神奈川県相模原市緑区
    参考金額
    35,000円

    高さ5メートルほどで直径の太さ30センチメートルほどの木を1本伐採してほしいとのご連絡がありました。木が隣の家に迷惑をかけてしまっているのが伐採依頼理由だということです。木の抜根は希望しないとのことでしたが、処分はお願いしたいとのことでした。まずは伐採の見積りについての概算案内から希望されました。

  • 受付日
    2016年05月12日
    エリア
    神奈川県相模原市南区
    参考金額
    18,000円

    枝が伸びすぎてしまった木を切ってほしいとのことでお客様よりお問い合わせをいただきました。木の種類は不明で、高さ約7メートル、太さ約30センチメートルの木を1本とのこと。抜根はご希望されませんでした。見積り希望日はあらかじめご指定いただきました。

  • 受付日
    2016年02月21日
    エリア
    神奈川県相模原市南区
    参考金額
    46,297円

    モミの木の伐採についてお問合せいただきました。1本のモミの木が高さ3.5メートルくらいまで伸びてしまったとのことで、電線が木の近くを通っているため、非常に危険な状態だとお伝えいただきました。木の直径は30センチメートル程度で、倒木防止のためにも伐採をしてほしいとのことでした。木の処分を希望され、抜根作業は予算によっては検討したいというご相談内容でした。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!