伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 松の木の伐採費用|単価・補助金が出るケース・費用を安く抑える方法

2019.11.13更新

松の木の伐採費用|単価・補助金が出るケース・費用を安く抑える方法

木の伐採は、木の大きさなどによって異なりますが、1本あたりの費用相場が決まっています。ただし、相場は伐採をおこなう作業費です。根を取り除く抜根や伐採した木の処分費などは別途必要になります。

ほかにも、木が生えている場所などによっては追加料金がかかるケースもあり、一概にいくらといえるものではないのです。

本コラムでは、松の木の伐採費用の相場と追加料金がかかるケース、抜根に関する情報をご紹介します。また、松の木の伐採には自治体から補助金が出る場合があるので、そちらもあわせて確認しましょう。

【松の木伐採費用相場】1本いくら?

木の伐採費用は、一般的に3m未満の低木、3~5mの中木、5~7mの高木にわけて相場が決まっています。

低木は約2,000~8,000円、中木は約9,000~18,000円、高木は約20,000~30,000円、7m以上は、別途見積りとなっている業者がほとんどです。

上記の費用相場をふまえて、松の木の伐採費用の内訳や追加料金が必要なケース、自治体からの補助金制度などに関して確認してみましょう。

内訳・追加料金

内訳・追加料金

基本的に、伐採費用の内訳は作業費と出張費の大きくわけてふたつです。しかし、なかには伐採後の木の処分まで作業に含まれている場合があります。そのときは、見積りに処分費の記載があるでしょう。

また、出張費は近場であれば不要という業者もあります。少しでも費用を抑えたい場合は、現場に近い業者に依頼するのもよいかもしれません。

そして、上記の費用に加えて、追加料金がかかるケースがあります。それが、7m以上の大木の伐採と不安定な場所に木が生えている場合です。

大木の伐採は、クレーンなどの重機を使用する場合があります。そのときは、重機使用のぶんの費用が追加で必要になるのです。

もうひとつの不安定な場所に木が生えている場合は、足場が悪い場所と考えられるため、作業の危険度や難易度が高くなります。そのときは、危険手当のようなものとして追加料金がかかるのです。

自治体から補助金が出るケース

立木の伐採は、対象の木が危険木に該当する場合に、補助金の交付を受けることができます。危険木とは、直径20cm以上、樹高5m以上で倒木すると住宅に被害がおよぶおそれのある木のことです。

また、松の木の場合は、松くい虫の被害にあっている場合も補助金の対象になることがあります。松くい虫によって松の木が食い荒らされると、松が枯れて倒れるおそれがありますし、別の松の木に虫の被害が広がる危険性もあるからです。

伐採を検討している松の木が上記の2つどちらかに該当する場合は、自治体に問い合わせて、補助金制度があるかどうかや自分が該当するかどうかを確認してみましょう。

松の木伐採にお祓いは必要か

伐採を考えている松の木が大きく立派なものである場合、お祓いをするべきか悩んでいる方もいるでしょう。結論としては、お祓いは必ず必要というわけではありません。

伐採の際のお祓いは、木にも神や精霊が宿ると考えられた日本古来の考え方により、必要だといわれているものです。特別なルールや科学的根拠のあるものではありません。

「縁起が悪いのではないか」などと思って伐採を悩む方は、松の木に対してこれまでの感謝と伐採してしまうことの謝罪の意味を込めてお祓いをおこないましょう。

伐採と一緒にお祓いをおこなう業者もあるので、必要であれば事前に業者に問い合わせて確認をとりましょう。

抜根も忘れずに!

抜根とは、伐採で残った切り株を抜き取る作業のことです。伐採をするだけで松の木をすべて取り除くことはできません。

抜根は伐採とは別で費用がかかる作業ですが、切り株が残っているとさまざまなリスクがあるので、抜根までまとめておこなったほうがよいでしょう。抜根の必要性と費用相場について解説しますので、参考にしてください。

切り株を放置するリスクを知っておこう

切り株を放置するリスクを知っておこう

切り株を残しておくことのリスクは、おもに景観の悪化、害虫被害、地盤沈下の3つです。それぞれ詳しく解説します。

・景観悪化
庭に切り株が残っていると、庭の景観が悪くなります。外からは見えないかもしれませんが、美しいものではないでしょう。

伐採直後は木の状態も悪くないので気にならないかもしれませんが、月日が経つと枯れてしまいます。そうなると、元気に成長する周りの木や花との見た目の違いが明確になってしまうでしょう。

・害虫被害
ここでいう害虫とは、シロアリのことをいいます。シロアリは、生きている木より切り株のような木を好むため、切り株が残っているとシロアリを寄せ付けてしまうのです。

そして、切り株に集まったシロアリは、そのまま家の構造に使われる木材まで食い荒らすおそれがあります。そういった二次被害を避けるためには、切り株の除去が必要でしょう。

・地盤沈下
シロアリに食い荒らされなくとも、月日が経てば切り株は枯れます。小さな切り株であれば地盤への影響も小さいですが、大きな切り株の場合は、切り株が腐ってなくなることで空洞ができ、地盤沈下が起こる危険性があるのです。

抜根にかかる費用相場

抜根費用は基本的に幹の太さで決まります。15cm未満は約3,000~6,500円、16~30cmは約5,000~10,000円、40cm以上は別途見積りです。

業者によっては、細かく費用が決まっていたり抜根費用が1本いくらという決め方だったりする場合もありますが、おおむね上記のような金額が相場と考えてよいでしょう。

伐採をおこなう業者の多くは、抜根作業も一緒におこなうことができます。しかし、なかには伐採のみ対応の業者もあるのです。

そういった業者ごとの作業の違いなども含めて、必要な作業がおこなえる業者探しは弊社にお任せください。弊社では、お電話にて無料でご相談やご希望をお聞きして、その内容に沿う業者をご紹介します。

松の木の伐採方法と時期

松の木の伐採費用は木が大きく立派に育てば育つほど金額が高くなります。少しでも費用を抑えるために、自分で伐採しようと考える方もいるでしょう。

そこで、自分で伐採が可能な木の判断基準と、伐採の方法についてご紹介します。下記を参考に松の木の伐採をどのようにおこなうか改めて考えてみましょう。

自力で伐採できる判断基準

自力で伐採できる判断基準

自力で伐採できる木の大きさは、直径20cm以下で樹高3m以下といわれています。自力で伐採してみようと考えている方は、木の大きさが上記の範囲内におさまるものか確認してからおこないましょう。

また、自力での伐採は、いくつか必要な道具があります。以下の5つの道具をそろえてから挑戦しましょう。

  • ・チェンソーもしくはのこぎり
  • ・ロープ
  • ・作業着
  • ・ヘルメット
  • ・防護メガネ

作業着やヘルメット、防護メガネは身を守るために身につけるものですが、ほかは作業に必要な道具です。どの場面で使用するかは、後述の伐採の手順でご紹介します。

松の木伐採の時期

伐採の場合は、木を倒してしまうので、適した時期がないと思っている方もいるでしょう。しかし、季節によって木の状態が変わるので、伐採に適した時期というのがあるのです。

木は冬になると水分が抜けて乾燥し、軽くなります。成長も穏やかになるか止まっているかで、樹液の量も少ない状態です。

このような条件がそろうことから、伐採に適した時期は1~4月ごろといわれています。時間が取れるようであれば、木が扱いやすいこの時期に伐採をおこないましょう。

松の木伐採の手順

ここからは、松の木の伐採手順をご紹介します。手順を間違えたり、必要な作業を怠ったりすると、木が思わぬ方向に倒れるなどの事故につながるので注意して作業しましょう。

1.木を倒す方向を決めてロープをくくる
最初に木を倒す方向を決めます。周りに建物がなく人が通らない方向に倒すようにしましょう。方向が決まったら、松の木にロープをくくりつけ、決めた方向へ倒れるように倒したい方向に引っ張るようにロープを張っておきます。

2.伐採する
伐採は、幹に切り込みを入れて木を倒すという流れでおこないます。チェンソーかのこぎり、使いやすいほうでよいので、どちらかを使用して幹に切り込みを入れましょう。

まずは倒したい方向に45度くらいの角度をつけて受け口となる切り込みを入れます。深さは幹の3分の1程度です。

そのあとに、反対側にまっすぐ追い口となる切り込みを入れます。このとき、切り込みを入れるのは受け口よりも少し上の位置です。幹の10分の1ほどが残るように切り込みを入れましょう。

最後に、追い口のほうから受け口のほうへゆっくりと木を押すと倒れます。木が決めた方向に倒れるようにバランスを取りながら倒しましょう。

自力の伐採でつまづきやすいポイント

前述したように、自分で伐採できる木には限度があり、3mを超える木の伐採はできません。チェンソーやのこぎりを使い慣れないために、うまく伐採できない場合もあるでしょう。

松の木は高く大きく育つため、よほど小さいうちでなければ、素人が伐採をおこなうのは危険です。

また、伐採後は倒した木を処分しなくてはなりません。小さい木なら可燃ゴミとして簡単に処分できるかもしれませんが、大きな木は、自治体によってはゴミとしての処分ができないことがあります。

その場合は、伐採した木などの回収をおこなっている業者に依頼して引き取ってもらわなくてはなりません。

業者に伐採を依頼すれば、木の処分までまとめておこなっている業者が多いので、処分業者を探す必要はありません。

費用が心配なときは、複数の業者から見積りを取って料金を比較すれば、料金の妥当性を見ることもできますし、安い業者を選ぶこともできます。弊社では相見積りも対応していますので、必要であればぜひご相談ください。

業者に依頼するならどこがおすすめ?

松の木の伐採を業者に依頼する場合、費用のほかに悩むことは、どのような業者に依頼するべきなのかということでしょう。

優良業者を選ぶためのポイントはおもに3つです。それぞれ、なぜ注目するべきなのかを解説します。

【ポイント1】実績や経験が豊富

【ポイント1】実績や経験が豊富

松の木は高さのある立派な木である場合も多いので、経験豊富な業者への依頼が安心です。業者のホームページがあれば、松の木伐採の事例や写真が掲載されていることもあるので、確認してみましょう。

また、口コミを見るのもおすすめです。口コミ件数が多い業者はそれだけ多く利用されているということでしょうし、口コミの内容は実際の利用者の意見が見られます。

ただし、口コミは主観的な意見も多いので、内容すべてをうのみにするのではなく、参考程度にしたほうがよいでしょう。

【ポイント2】料金設定が分かりやすい

木の大きさごとに異なる伐採費用や抜根費用、追加料金がかかるのはどのような作業が必要な場合かなどが分かりやすい業者はおすすめです。

「とにかく見積りを」と料金の提示がない場合や、追加料金がかかる作業についての説明があいまいな業者は、実際にどの程度の料金がかかるかがまったくわかりません。

そのような業者は、不安要素が多く依頼しにくいと思います。なるべく料金設定が分かりやすく、対応できる作業に関する料金が明確に提示されている業者を選択しましょう。

【ポイント3】説明が分かりやすく親切

現地調査の結果や見積り、当日の作業についての説明が分かりやすく丁寧な業者は信頼できるでしょう。調査や当日の作業は、素人が知らない道具を使用したり、専門的な知識が必要な作業をしたりするかもしれません。

しかし、分かりやすく丁寧な説明があれば、自分では扱えないようなものや作業でも、なにをしてどのような状態になるのか理解することができるでしょう。

作業をおこなうのはお客様の敷地です。そのため、どのようなことが起こるのかはお客様自身が理解しているべきことだと考えられます。分かりやすく丁寧で、親切な対応をする業者を選びましょう。

業者の探し方

上記の3つを満たしている業者は信頼できる業者といえるでしょう。しかし、日本全国に数多く存在する業者のなかから、自力で優良業者を探し出すのは難しいものです。

少しでも楽に優良業者を探すために、弊社のサービスをご利用ください。弊社には、日本全国各地に加盟店が存在します。どのような場所での伐採でも対応可能な業者をご紹介することができます。

また、ご要望に沿うような業者を手配することはもちろん、ご相談は24時間365日受け付けていますので、忙しくて業者を探す時間がない方でも利用可能です。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介