伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 庭木の伐採 > オリーブの木の伐採|費用相場や枯れたときの原因・再生方法について

2019.07.17更新

オリーブの木の伐採|費用相場や枯れたときの原因・再生方法について

オリーブの木は成長が早い樹木として有名です。育て始めたころは問題なく育てられると思っていても、当初予想していた以上の成長速度で大きくなってしまったなんてこともあります。大きくなりすぎたオリーブは、周りに被害が出てしまう前に伐採しましょう。

予想以上に大きくなったオリーブは、お庭のなかでほかの樹木の障害となってしまったり、ご自宅を傷つけてしまったりする危険性があるからです。この記事では、オリーブの伐採を業者に依頼する際の費用から、オリーブが枯れてしまったときの再生方法についてご紹介いたします。オリーブを育てている方、育てたい方は、ぜひ参考にしてください。

オリーブの木の伐採は自分?業者?

オリーブの木は大きいため、自分で伐採しようか業者に依頼するか悩む方もいらっしゃるかもしれません。この章では、その際の判断ポイントや、業者に依頼する場合の費用相場について解説していきます。

オリーブの木は成長が早い

オリーブの木は成長が早い

オリーブは地中海・中東地域が原産の樹木で、育成には暖かい気候が適していますが、じつは寒さにも強いといわれています。そのため、四季のある日本の寒暖差が激しい環境でもよく育ちます。5mから10m近くまでの高さに育つこともあるほどです。そのため、オリーブの木が思いのほか大きくなりすぎて管理できず、伐採したいというケースも多いのです。

オリーブの木は自分で伐採できる?

オリーブの木を自分で伐採するか業者に依頼するかを検討する場合、判断のポイントは木の高さと太さになります。一般的に、高さは3m程度、幹の直径は20cm程度までのサイズが、自分で伐採できる目安だといわれています。

また、木の状態によっては、木に登って作業しなくてはならなかったり、チェーンソーのように扱いが難しい道具を使用しなくてはならなかったりします。そのため、自分で伐採できる目安であっても、不安を感じる方は業者に依頼したほうが安全でしょう。

オリーブの木の伐採を依頼したときの費用

オリーブの木の伐採を業者に依頼する場合の費用は、木の高さにもよりますが、2万円から3万円程度が相場だといわれています。

しかし、作業の難易度、使用する道具、作業人数などによって料金は変化します。また、次の項目でご紹介するように、伐採にともなう追加作業によって料金が増額することもあります。

伐採以外にかかる追加の費用

木の伐採以外にかかる追加作業として、伐根と処分があげられます。伐根の相場費用は1万円から2万5千円程度ですが、作業に使用する重機によっても金額が変わります。処分費については、1万円から1万5千円程度が相場で、伐採金額の約半分が目安です。

伐採費用を安く抑えるコツ

オリーブの木の伐採を業者に依頼する場合、少しでも費用を抑えたい方は、複数の業者から相見積りを取ることをおすすめします。

1社だけの見積りを信用してしまうと、相場より高くなっていても気づかず、費用がかさんでしまうこともあります。ぜひ、候補として複数の業者を選び、各社の見積りを比較しながら検討してみてください。

弊社には全国各地にあるプロの伐採業者のうち、多くの業者が加盟しております。加盟店の多くは現地調査と見積りを無料でおこなっております。ご相談いただければ、相見積りにも対応可能です。「とりあえず見積りだけでも依頼したい……」という場合でもまったく問題ありません。相見積りを取ってみたいという方は、ぜひ一度ご相談ください。

オリーブが枯れた!原因や再生方法

伐採を考えるほどオリーブの木が枯れていても、じつは、完全に枯れてはいないこともあります。その場合、剪定することでオリーブの木が回復するかもしれません。ここからは、オリーブの木が枯れる原因と正しい剪定方法について解説していきます。

オリーブが枯れる原因

オリーブが枯れる原因

オリーブの木が枯れてしまう原因には、強い寒波や、与える水の量が適切でないことがあげられます。また、害虫や病気によって枯れることもあります。

枯れた枝の剪定方法

枯れてしまったオリーブは、枯れた部分を剪定することで回復することがあります。それは、剪定によって残った部分に栄養が回るようになって樹木全体が成長しやすくなったり、病気が広がらないようにしたりできるからです。

剪定する際には、枯れた部分だけでなく、混みあっている枝や細い枝も積極的に切り落とすと、なおよいです。混みあっている枝や細い枝を切ることで、樹木全体の風通しや日当たりがよくなり、樹木を健康な状態にできます。

自然に葉っぱが落ちる場合もあるので注意!

葉がたくさん落ちると、「枯れてきたな」と感じるかもしれませんが、じつは、オリーブは葉が落ちやすい樹木なのです。とくに、冬季や植え替え後は葉や落ちやすいです。葉がたくさん落ちてきた場合、「枯れてしまった」とすぐ判断せず、お手入れを続けながら様子をみてみましょう。

オリーブが完全に枯れてしまったら……

オリーブが完全に枯れて、剪定したりお手入れを続けたりしても回復しない場合は、残念ながら伐採を考えなくてはなりません。枯れたまま放置しておくと、強風によって木が倒れてしまったり、枯れた樹木を好むシロアリが住みついてしまったりすることがあります。

オリーブの木は大きいため、伐採は大変な作業です。自分で伐採する方もいらっしゃいますが、少しでも不安に感じられた方は業者への依頼も検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、24時間稼働しているコールセンターで、お庭や樹木に関するご相談を承っております。早朝や深夜など、時間を問わずにお電話していただくことが可能です。大切なオリーブの木が少しでも弱ってきたと感じたときには、すぐにご連絡ください。弊社に加盟しているプロの伐採業者の多くは、無料で現地調査をおこなっております。それらの加盟店スタッフのなから、現場まで迅速に駆けつけられる業者を手配させていただきます。

オリーブを健康に育てるお手入れ方法

さきほどの章では、オリーブの木が枯れかけた場合の対処方法をご紹介してきましたが、この章では、オリーブの木が枯れないように育てる方法をご紹介します。基本的なお手入れの継続が木の健康につながるので、ぜひ参考にしてみてください。

オリーブを育てる環境

オリーブを育てる環境

オリーブの木は日光によくあたる環境を好むため、植え付けや植え替えの際には日当たりがよい場所を選びましょう。プランターを使って室内で育てる場合も、日光がよくはいる窓ぎわに置くようにしてください。

水やりの頻度

オリーブの木は乾燥に強いため、植え付け後でなければ、こまめな水やりは不要です。土が乾かないように、適量の水を与える程度で十分です。

肥料の与え方

オリーブの木は、年に数回肥料を与えると成長が促されます。地植えでは2月と10月、プランターで育てる場合では2月、6月、10月に肥料を与えます。肥料の種類は、有機質肥料や液体の化成肥料が効果的です。

注意したい病害虫

オリーブの木を育てる際に注意したい病気は、梢枯病(しょうこびょう)です。この病気は梅雨ごろに発生しやすいです。発症するとまず枝先が枯れ、やがて枝全体が枯れていきます。枝先に梢枯病の症状を発見したら、すぐにその部分を剪定しましょう。さらに、切り口に保護剤をぬっておくと再発予防になります。保護剤の購入に迷ったときは、園芸用品店やホームセンターで店員さんに質問すれば、適切なものを用意してくれるはずです。

また、オリーブの木につきやすい害虫には、オリーブアナアキゾウムシがあげられます。この害虫は木の枝や幹を食べるため、枝や幹の皮がめくれていたり、木くずが落ちていたりしたら、被害にあっているサインです。被害にあった枝や幹は剪定で切り落とし、殺虫剤を散布してください。殺虫剤に関しても、園芸用品店やホームセンターで、オリーブアナアキゾウムシに有効なものはどれか尋ねれば、正しいものを購入できるでしょう。

オリーブが枯れないためにできること

この章では、オリーブが健康に育つためのお手入れ方法をご紹介してきました。大切なオリーブを枯れないようにするためには、上記でご紹介したとおり、日当たりのよい環境で育てたり、適度に水やりをしたり、害虫対策をする必要があります。しかし、どれほど丁寧にお手入れしながら育てても、樹勢が弱ってしまったり枯れてしまったりすることは考えられます。それはオリーブも生きているものだから仕方ないことです。

もしオリーブが完全に枯れてしまったら、しっかりと伐採するようにしましょう。伐採せずに放置しておくと、倒木につながるおそれがあります。お庭で木が倒れればご自宅を損傷させるおそれがありますし、ご自身や大切なご家族が負傷する危険性も考えられます。さらに、枯れた幹や腐った樹木を好むシロアリなどの害虫が住みついてしまうおそれもあります。完全に枯れてしまったオリーブの木は、早めに伐採するようにしましょう。

弊社では、24時間365日、お庭の手入れや樹木の伐採に関するあらゆるご相談を、無料で承っております。お電話いただければ、お悩みを解決するのに最適なプロの伐採業者を、多数の加盟店スタッフのなから手配させていただきます。

加盟店スタッフの多くは無料で現地調査やお見積りをおこなっており、お見積りで提示させていただく金額にご納得いただいてからしか作業を始めませんので、ご安心ください。オリーブの木の伐採など、伐採に関することでお悩みの際は、ぜひ弊社にご連絡ください。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介