伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 庭木の手入れ > チャボヒバの育て方と2大剪定スタイル|庭木によくあるお悩み解決

2019.06.20更新

チャボヒバの育て方と2大剪定スタイル|庭木によくあるお悩み解決

チャボヒバを上手に育てる4カ条

チャボヒバを上手に育てるためには、さまざまなポイントを意識する必要があります。ここでは、チャボヒバを上手に育てるための4カ条からチャボヒバの剪定、剪定業者の選び方までをご紹介します。

1:基本的な育て方を知っておく

1:基本的な育て方を知っておく

まずは、基本的なチャボヒバの育て方について知っておきましょう。チャボヒバは肥えた土のみで充分に育つため、水やりは年に1回だけ与えれば十分です。日当たりと風通しに関しては、できる限りよいところに置いてあげるのが理想的ですが、日照不足に強いため半日陰でも問題ありません。肥料に関しては、冬場に鶏糞や堆肥をチャボヒバの周りに撒いてあげてください。

2:普段のお手入れをきっちりと

チャボヒバの普段のお手入れは、おもに葉に対しておこないます。お手入れの方法は、伸びすぎている葉先を手で摘んで整えた後、両手で葉全体を軽く揉んで不必要な葉を落とすだけです。

3:病害虫に気をつける

チャボヒバに限ったことではありませんが、植物を育てていくうえで、病害虫に気をつける必要があります。病害虫の被害を受けてしまうことで、チャボヒバが枯れてしまうこともあるのです。チャボヒバがかかりやすい病害虫は以下のとおりです。

・ハダニ
チャボヒバの風通しが悪くなっている場合、ハダニが発生することがあります。ハダニは4月ごろに発生しやすく、葉の裏に寄生して葉の栄養を吸ってしまいます。栄養を吸われた葉は、白い斑点が現れて、そのまま放置してしまうと枯れてしまうのです。そのため、葉を摘んだり不要な枝を切りとったりするといった手入れをすることで、常にチャボヒバの風通しをよくしておきましょう。

・ヒノキ樹脂胴枯病(ひのきじゅしどうがれびょう)
ヒノキ樹脂胴枯病とは、縦の割れ目が樹皮にできることで、そこからヤニが流れ出てしまう病気です。ヤニが流れ出してしまうことで、枝や葉が枯れてしまうおそれがあります。そのため、樹皮に縦の割れ目を見つけたら、早めにその枝や葉を切り落としてしまいましょう。

予防策としては、できるだけ天然のヒノキ近くにチャボヒバを植えないことが挙げられます。ヒノキ樹脂胴枯病は天然のヒノキから伝染することが多く、近くにチャボヒバを植えてしまうと、発症するおそれが高くなってしまうためです。

4:定期的に剪定をおこなう

チャボヒバを上手に育てていくためには、剪定が欠かせません。チャボヒバは枝や葉の生長にバラつきが出やすいため、剪定をおこなわずに放置してしまうことで、樹形が崩れていってしまうのです。さらに、全体の風通しが悪くなってしまうことで、ハダニが発生しやすくなります。

また、内側にある枝は枯れやすいため、年に1回から2回程度は定期的に剪定をおこないましょう。剪定をおこなう時期は、枝の伸び方にムラが生じてくる7月、枯れ枝が出始める11月、12月のいずれかがよいでしょう。

定期的なメンテナンスをプロにお願いするのもアリ!

もし、定期的にチャボヒバのメンテナンスをするのが難しいという方は、剪定業者に相談するのがおすすめです。剪定業者であれば、定期的なお手入れはもちろんのこと、チャボヒバに必要な年に1回から2回の剪定もお願いすることができます。

弊社であれば、立ち合いなしでの作業も可能なため、「他県にある実家のチャボヒバを剪定してほしい」「日程が合わない」という方でも問題ありません。また、「年に数回だけ定期的に剪定してほしい」といったご要望にもお応えすることができます。お電話によるご相談は、24時間365日となっておりますので、お客様のご都合にあわせてご連絡ください。

カッコイイけど手間はかかる…剪定のこと

剪定は、チャボヒバの健康や樹形を保っていくうえで欠かせない作業です。しかし、チャボヒバの特徴を理解せずに剪定をおこなってしまうと、最悪の場合は枯らせてしまうおそれがあります。そのため、剪定はチャボヒバの特徴を理解してからおこなうようにしましょう。

チャボヒバの特徴

チャボヒバの特徴

ヒノキ科の園芸品種として人気のチャボヒバは、公園や庭などさまざまな場所で見かける機会の多い植物です。特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 生長が遅い
  • 枝と葉が短く密集しやすい
  • 強剪定に弱い

チャボヒバは大きいもので10m程度まで樹高が伸びますが、生長自体は非常に遅く10mに達するまで50年以上かかることも珍しくありません。また、枝と葉が短いことから密集しやすく、風通しが悪くなりがちです。

そのため、樹形を整えながら風通しもよくすることで、理想通りの樹形にできるだけでなく害虫対策をおこなうことにもつながります。しかし、定期的な剪定が必要になるのですが、生長の遅さも相まって枝を根元から切るような強剪定を苦手としているため、切る長さには気をつけなければなりません。

チャボヒバの2大人気剪定方法

チャボヒバの代表的な剪定方法は2つ存在しています。どちらもチャボヒバの剪定方法としては非常に人気なので、剪定する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。以下でその2つの剪定方法についてご紹介します。

・玉ちらし
玉ちらしとは、枝ごとに葉全体を玉のような形に整える剪定方法のことです。樹木全体の見た目がよくなることはもちろんのこと、チャボヒバ全体の風通しをよくするという効果もあります。きれいな玉ちらしを作るためには、完成イメージから細かく切り込む技術まで必要となるため、非常に難易度の高い剪定としても知られています。

・円筒形
円筒形とは、樹木全体を円筒形に整える剪定方法のことです。樹高のある樹木に人気の剪定方法で、チャボヒバでもよく用いられています。チャボヒバを円筒形にする場合、手入れの段階から飛び出ている枝を切るなどして、円筒形になるように整えておく必要があります。

円筒形も玉ちらしと同様に全体の完成イメージと樹形を整える技術が必要となるため、難易度の高い剪定だといえるでしょう。

チャボヒバに手がかかる理由

チャボヒバは強剪定を苦手としていることから、細かく整えていく剪定が適しています。そのため、玉ちらしや円筒形が用いられることが多いのです。しかし、玉ちらしや円筒形は非常に難易度の高い剪定であるため、失敗してしまうとチャボヒバの生長が遅いことも相まって、樹形が乱れてしまうおそれがあります。

また、チャボヒバの剪定は高所での作業となることが多いため、作業中に落下してケガをしてしまうことも考えられます。

庭木の今後に悩んだらプロに相談してみよう!

もし、今後チャボヒバをどのように剪定すればいいのか悩んでいる方は、一度剪定のプロに相談してみましょう。剪定のプロであれば、剪定方法に悩みがちなチャボヒバでも、希望にあった剪定をおこなってくれます。

剪定の難易度が高い玉ちらしや円筒形であっても、熟練した技術でキレイに樹形を整えてもらうことができます。また、落下してケガをするおそれのある高所の剪定であっても、経験豊富なスタッフが代わりにおこなってくれるので、安心安全に理想のチャボヒバをつくることができるでしょう。

弊社にご連絡いただければ、お客様の悩みやご希望をお聞きしたうえで、それにあった最適な剪定業者をご紹介させていただきます。まずは、24時間365日対応となっている弊社のコールセンターまで、お気軽にご連絡ください。

業者はどう選ぶ?費用はいくら?

実際にチャボヒバの剪定を剪定業者に依頼する場合、業者の選び方や費用相場がわからないという方も多いのではないでしょうか。ここからは、業者の見極め方や依頼したときにかかる費用相場などについてご紹介します。

よい業者の見極め方

よい業者の見極め方

よい業者かどうかは、いくつかのポイントを確認することで見極めることができます。以下がそのポイントです。

・口コミ評判がよい
実際にその業者で依頼した人の意見を、第三者目線から参考にすることができる口コミは、よい業者かどうか見極めるうえで確認しておきたいポイントです。口コミを確認することで、サービス内容や費用、スタッフの対応などをおおまかに知ることができます。そのため、口コミで高評価の業者であれば、よい業者である可能性が高いといえるでしょう。

しかし、口コミは不特定多数の人が匿名で書き込めるところが多く、中にはイタズラ目的でウソの情報を書き込んでいるおそれもあります。そのため、口コミで業者の評判を確認しつつも、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

・現地調査・見積りが無料
業者によっては、現地調査と見積りを無料でおこなってもらえることがあります。見積りをとっておくことで、より詳細な費用やサービス内容を知ることができるため、よい業者を見つけるのであれば、見積りは欠かせません。

また、見積りを依頼することで、業者が現地までくるため、スタッフの対応を直接確認することもできます。スタッフの対応がよければ、実際の作業内容も丁寧におこなってくれる可能性が高いといえるでしょう。

・日程を合わせてもらえるか
気に入った業者を見つけたとしても、双方の日程が合わなければ剪定の依頼をすることはできません。そのため、こちらの日程をいくつか提示したうえで、日程を合わせてくれる業者であればよい業者だといえるでしょう。

費用相場も知っておこう

剪定業者に依頼したときにかかる費用相場は、樹高によって決められていることが多いです。一般的に樹高が3m未満の樹木を低木、5m未満の樹木が中木、7m未満で高木と分類されています。

低木の場合、1本あたりの剪定で1,000円から5,000円程度

中木の場合、1本あたりの剪定で5,000円から8,000円程度

高木の場合、1本あたりの剪定で9,000円から17,000円程度

となっており、7mを超える樹木である場合は、別途費用がかかる業者がほとんどです。チャボヒバの場合、生長過程で低木、中木、高木、それ以上のすべてに当てはまるので、より詳細な費用が知りたいのであれば、業者に見積りをとって確認するのがよいでしょう。

こんなお悩み、当社なら解決できます!

チャボヒバの剪定を剪定業者に依頼するにあたって、「田舎だけど対応エリアなのか心配」「日程を合わせてもらえるか不安」「予算にあった業者が見つからない」など、さまざまな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そういったお悩みも、弊社であれば問題ありません。

弊社にご相談いただければ、多数の加盟店の中からお客様のご要望にあった業者を手配いたします。対応エリアも全国となっておりますので、安心してご連絡ください。また、現地調査によるお見積りを無料でおこなっておりますので、「まずは見積りをとってから決めたい」という方は、ぜひお申しつけください。

もちろん、お客様が希望する日程で伺わせていただきますので、土日祝を問わずご利用いただけます。電話受付は24時間365日となっておりますので、お気軽にご連絡ください。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介