伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 庭木の伐採 > 植木伐採の費用が知りたい!相場と費用が決まるポイントを紹介!

2019.06.06更新

植木伐採の費用が知りたい!相場と費用が決まるポイントを紹介!

植木伐採の費用

植木伐採の費用相場

植木の伐採を業者に依頼する際に気になってくるのが『費用』でしょう。とくに伐採を業者に依頼するのが初めての場合、どのくらい費用がかかるのか、あまり検討がつきませんよね。

当記事では業者に依頼した場合の植木の伐採費用について、ご紹介していきます。記事の後半では業者に依頼する際の注意点や、適正価格で依頼する方法についても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

植木伐採は数千円で済むことも

植木の伐採料金は、安いものであれば1,980円~5,000円の間に抑えることができます。多くの業者は伐採対象である木の高さや幹の太さで費用を設定しています。高さが低ければ低いほど、幹が細ければ細いほど、費用は安くなる傾向にあります。

そのため、立派な木であればあるほど伐採にかかる費用は高額になってしまいます。一般的に木の高さが3mを、幹の太さが30cmを超えてしまうと、伐採する本数が1本であったとしても、1万円以上になってしまうことが多いです。

費用が決まる4つのポイント

業者は4つのポイントで伐採料金を決めています。『植木の高さ』『伐採に使用する機具』『処分費用』『根本まで除去するか否か』の4つです。以下でひとつずつご紹介します。

植木の高さ

基準は『3m』です。伐採対象である植木が3mを超えるか超えないかによって、植木の伐採費用は大きく異なります。高さが3m未満のものは数千円で済みますが、3mを超えると1万円の大台を超えてしまうこともあります。

伐採に使用する機具

重機といった大掛かりな機具が必要になった場合と、チェーンソーだけで伐採ができる場合とでは、庭木の伐採費用が高額になるのは重機を使ったほうです。

処分費用

伐採後の処理も依頼した場合は、トラックで運搬してもらうことになるため、そのぶん費用も増えてしまいます。どれほど増えるかは業者によって設定が異なりますが、一般的に処分場までの移動距離が長い場合や、現場近くにトラックを駐車できない場合は費用が高くなってしまいます。

根本まで除去するか否か

根本まで除去する場合、『抜根』という作業が必要です。抜根にかかる費用について、業者の多くは抜根対象の『幹の太さ』で判断しています。さらに、抜根は一般的に重機を使っておこなうため、重機を使用するぶん費用が高くなると考えてください。

明確な料金を知るには見積り依頼

伐採を業者に依頼する際は、必ず見積りをとってください。伐採費用は対象の木の高さや太さといった、あいまいな要素によって左右されてしまうからです。

たとえご自宅の庭木であっても、高さや太さを把握している方は少ないと思います。そのため、自分で「大体これくらいだろう」と予想した金額と、実際にかかる費用に差がでることも十分に考えられるのです。

弊社(伐採110番)では、無料で現地調査とお見積りをおこなっています。お見積り後の追加料金は発生しません。24時間365日コールセンターが稼働しており、いつでも植木の伐採のご相談に対応できますので、ぜひ一度ご連絡ください。お見積りだけでも大歓迎です。

植木の伐採を依頼するときに気をつけること

植木がある環境によっては、伐採してはいけない場合があります。賃貸物件の敷地内にある植木は勝手に伐採してはいけませんし、車道沿いに生えている庭木を伐採する際には近隣住民に被害を与えないよう配慮しなければなりません。植木の伐採には、費用以前に、気をつけるべきことがあるのです。以下で詳しくご紹介します。

賃貸物件の庭木は自己判断で伐採できない

賃貸物件の庭木は自己判断で伐採できない

賃貸物件の敷地内に生えている庭木は、その物件の大家さんの所有物です。そのため、たとえ住人であっても、勝手に伐採してはいけません。もし伐採したいのであれば、必ず大家さんか管理会社へ連絡し、許可をもらいましょう。

大家さんの連絡先は賃貸契約書に記載されているはずです。管理会社の連絡先は、賃貸物件であれば郵便受けの近くやエレベーターホールなどに、紙やプレートで貼ってあることが多いでしょう。生活に悪影響があるなどの正当な理由さえあれば、費用は大家さんや管理会社の負担で伐採してもらえることもあるため、必ず連絡しましょう。

近隣の状況に配慮する

庭木を伐採した際に、不幸にも通行人を傷つけてしまったり、隣接している住居を損傷させてしまったりすれば、責任を負わなければなりません。治療代や修繕費を払うだけならばまだよいですが、内々に和解できなければ裁判沙汰になってしまうことも考えられます。

そのため、あらかじめ車道沿いにある庭木であることや、ご自宅のそばを通る人や車の量といった情報を、業者へ伝えるようにしましょう。業者の多くは交通整備をおこないながら作業をしたり、作業をする前に近隣住民への説明をおこなったりします。業者に依頼することによって、安心安全に木を除去できるのです。

不安なときは相談してみよう

伐採が可能かどうかは、業者であれば正しく判断できます。伐採を依頼したい木の位置や、ご自宅周辺の環境といった情報を、できるだけ詳しく伝えましょう。電話でうまく伝えられるか不安であれば、現地調査を依頼して状況を目視で判断してもらうと確実です。

弊社(伐採110番)には、24時間365日稼働しているコールセンターがあるため、早朝や深夜といった時間帯であっても、伐採に関するご相談に対応できます。コールセンタースタッフも、ご相談主の心配や不安に寄り添えるよう、日々努力を重ねている誠実な者たちばかりと自負しております。まずは一度お電話ください。お待ちしております。

植木伐採を適正価格でおこなう業者の探し方

植木の伐採は、同じ木が対象であっても業者によって費用に差が生じます。そのため、信頼できる業者を複数選び、見積りをとることが肝心です。複数の見積りをとることが適正価格で伐採してもらうための最善策となります。詳細は以下でご紹介しますので、ぜひお役立てください。

まずは相見積りをとってみよう

まずは相見積りをとってみよう

最低でも3社からは見積りをとり、提示された金額を比較してください。3社で相見積りをおこなえば、伐採にかかる費用の相場がつかめます。相場に収まっている費用を提示してくる業者なら、信頼できるでしょう。

見積りの明細を確認しておく

料金を比較する際、どのような作業が必要でそれぞれの工程に費用がどれほどかかるのか、はっきりしている業者を選びましょう。見積りの明細がはっきりしている業者同士を比べてみれば、高さや太さによる設定金額の違い、処分費用の有無など、さらに細かい比較が可能です。見積り内容の比較は、費用面で本当に信頼できる業者を選ぶことにつながります。

現地調査をしてもらう

伐採費用は、対象の木や周辺環境を直接見ることによって、初めて正確な金額を出すことが可能です。そのため、ネットに細かな金額が記載してあったりしても、参考程度にとどめておきましょう。実際に植木の伐採を業者に依頼する前には、必ず現地調査・見積りを依頼してください。

弊社(伐採110番)は、無料で現地調査をおこなっています。全国にある優秀な伐採業者が多く加盟しているため、どこからの依頼でも迅速に駆けつけることが可能です。日ごろから管理できていない、遠方にある空き家の庭木も立ち合いなしで伐採できます。24時間365日コールセンターは稼働していますので、何か困りごとがあれば、まずお電話ください。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介