伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 庭木の伐採 > 杉の伐採方法を解説|正しく・安全に作業するための知識まとめ

2019.06.05更新

杉の伐採方法を解説|正しく・安全に作業するための知識まとめ

杉の伐採方法と適した時期

日本の国有林でもある杉は、国内に数多く植えられています。しかし、花粉症の原因となることで、多くの人の悩みのタネになっています。

また、杉は成長が早いことでも知られていて、なんと放置しておくと20メートルを超えることもあるのです。成長すると伐採も大変になりますから、伐採しようか迷っている方はできるだけ早く対処することをおすすめします。

そこで、今回は杉の伐採方法、伐採業者の選び方を中心にご説明していきます。伐採のしかたによっては怪我をしてしまうおそれもありますから、そうならないためにも本記事をしっかり理解してお役立てください。

まずは杉栽培方法と、伐採に適した時期について見ていきましょう!

準備するもの

準備するもの

木を切る前には、必要な道具を揃えましょう。杉を伐採するときに準備するものは、以下のとおりです。

  • チェーンソー
  • ハンマー
  • ノコギリ
  • はしご
  • ロープ

また、杉伐採の際は服装にも気を配らなければなりません。刃物を使うので安全のために必ず防護服を着て丈夫な軍手をつけましょう。また、伐採している最中に枝が落ちてくる場合もありますので、ヘルメットを着用しておこないましょう。

伐採に適した時期

杉を木材として利用したい場合や、花粉症に苦しんでいる方が伐採する場合には、時期にも気をつけましょう。

本来、杉の伐採は11月~12月におこなうのがよいとされています。この時期は杉が乾燥しているため、木材として利用したい場合は質のよい杉になるのです。

また、花粉症に苦しんでいる方が敷地内の杉を伐採する場合は7月~8月がおすすめです。この時期は花粉があまり飛ばないため、花粉症の方でも作業しやすいのです。

【要確認】事故防止のための6ポイント

杉伐採をおこなう前に、確認しておくべきことが6つあります。安全に伐採をおこなうためには必ずチェックしておきましょう。

【地形を確認する】

杉が生えている場所の地形を確認しましょう。平坦なのか、斜めなのか、周りに建物がないかをチェックします。

【倒す方向を確認する】

地形を確認したうえで、安全に倒すことができる方向を定めましょう。

【倒れる場所によっては見張りを配置する】

倒れる場所によっては、見張りを配置しておきましょう。見張りを配置することで、倒すときに通行人がいないことを確認でき、道路などに倒れた場合は通行人の障害にならないようにすぐに木をどけることもできます。

【作業場の周りの雑草や枝を取り除く】

木が倒れはじめたら、安全な場所に逃げる必要があります。このとき、つまずいたりして逃げ遅れることのないよう、作業場の周りの障害物や雑草、枝を取り除きましょう。

【倒す木の順番を決める】

倒す木の順番を間違えると、倒した木が隣接する木に引っかかってしまう場合があります。この状態になると、引っかかりが外れて木が倒れてくるおそれがあり危険なので、素人での対処は難しくなります。そうならないためにも、倒す木の順番は決めておきましょう。

【切る場所に目印をつける】

杉を伐採するときに予定していた場所とずれた位置で切ることがないよう、切る場所に目印をつけておきましょう。

【伐採方法】安全におこなう手順

杉の伐採は、4つの手順に沿っておこないます。切り方によっては怪我をするおそれがありますので、安全に配慮しながらおこなってください。

【ロープの補助資材の設置】

木のバランスが悪いときや、切り倒す方向を正確に定めるときなどは、倒すのを楽にするためにロープを設置しておきます。

【受け口を切る】

倒したい方向に切込みを入れます。斜め下(だいたい30~45度程度)に3分の1~4分の1程度入れてください。

【追い口を切る】

切りたい方向の反対側から、水平に切込みを入れます。このとき、木を完全に切り落とさないように注意しましょう。

【けん引しながら倒す】

追い口を切ることで木が倒れてきたらそのまま安全な場所に逃げましょう。なかなか倒れない場合は、ロープでけん引することで倒すことができます。

伐採した杉の処理方法

杉の伐採が終わったら、次は解体して根を枯らす必要があります。

【杉の木を解体して処分する】

杉の木を処分しやすいよう、解体させなければなりません。細い枝を切ったあとに太い枝を切るとスムーズに解体することができます。

このとき、少しの衝撃でも木が動きます。複数人でおこなうと、誰かが木につぶされてしまうこともあり、ケガをするおそれがあります。そのため、木の解体は一人でおこないましょう。

【残った根は枯らしておく】

残った根を放置しておくと、再び杉が成長してしまうことがあります。杉を木材として利用している方はよいかもしれませんが、家の敷地内に生えている木を切った場合、再び切るのは面倒ですよね。

もう杉が成長することがないよう、残った根は薬剤を使って枯らしておきましょう。

薬剤はホームセンターやドラックストアなどで購入することができる除草剤を使いましょう。切り株の断面に除草剤を塗っておくことで根を枯らすことができます。

「安全」「確実」な伐採はプロにお任せ

ここまで杉の伐採方法についてご説明してきましたが、「意外と大変……」と思った方も多いのではないでしょうか。

杉の伐採は大変なだけではなく、素人が伐採する場合は怪我をする場合があります。また、確実に駆除することができないかもしれません。せっかく道具を揃えて時間をかけて伐採したのに、確実に切ることができないとショックですよね。

より確実で、安全に伐採するには、伐採をしてくれるプロの業者に依頼するのが賢明です。伐採110番ではどんな相談でも喜んで対応いたします。自分で作業をおこなうのが危険だと感じた際には、伐採110番までご連絡ください。現地調査や見積りは無料です。

伐採を依頼するときの費用相場と業者の選び方

杉の伐採を業者に依頼する際は、「費用」と「業者の選び方」を理解することが大切です。この章ではその2点についてご説明していきます。より信頼できる業者を選ぶための参考にしてください。

杉の伐採にかかる費用の内訳

杉の伐採にかかる費用の内訳

まずは、杉にかかる費用について見ていきましょう。杉伐採を依頼した場合の料金の内訳には「作業費」と「処分費」があります。

【作業費】

具体的には、伐採費用、重機使用代、人件費、根の伐採費、整地代などが含まれます。

【処分費】

処分費には、処分する際にかかる費用のほかにも、木の解体費や運搬費などが含まれます。木の大きさによっては解体や運ぶのが大変になるため、処分費は人によって大きく異なります。

業者を選ぶポイント

次に、業者の選び方について見ていきましょう。業者を選ぶ際は、以下の3点を確認してください。

【多くの作業実績があること】

業者のホームページなどで作業実績も確認しておきましょう。作業実績が多いということは、多数の人から支持されているということなので、信頼できる業者だといえます。

また、多くの実績があるということは、さまざまなパターンの伐採を経験しているということです。そのため、スムーズに伐採をおこなってもらうことができるでしょう。

【見積りが明確であること】

見積りが明瞭であることも重要です。見積りが総額しか書いていないと、内訳がわかりません。不当に高額な料金を請求されないためにも、どんな作業にいくらかかっているのかを確認することは大切です。

また、見積書を確認するときは、業者と依頼内容の食い違いがないよう「木の寸法」「伐採する面積」「抜粋する本数」などについても確認しておきましょう。

【きちんと対応してくれること】

より納得して伐採をおこなってもらうためには、スタッフの対応も大切です。現地調査の際に、質問に丁寧に答えてくれるか、作業についての詳細についても説明してくれるかなどを確認するとよいでしょう。

まずは見積りを取ってみましょう

業者に依頼する際は、まずは見積りを取ることをおすすめします。複数の業者から見積りを取ることで、料金はもちろん、スタッフの対応や見積りの明瞭さについても比較することができます。

伐採110番では無料見積りをおこなっています。見積り後に追加料金がかかることはありませんし見積り後もキャンセルが可能ですので、お気軽にご相談ください。

杉の伐採の課題と現状

花粉症の原因となる杉は毎年多くの人を悩ませています。たくさんの人を悩ませていますが日本には大量の杉があります。では、そもそも日本にはなぜ杉が多いのでしょうか。

日本に杉が多い2つの理由

日本に杉が多い2つの理由

日本に杉が多いのには、2つの原因があります。

【戦後の住宅復旧】

ひとつ目の理由としては、戦後の住宅復旧に使われたためです。戦争によって多くの住宅が被害を受けました。また、木材は軍事物資としても使われていたので、木材が不足していました。

そこでおこなわれたのが、杉の造林です。木材の中で杉は成長が早いため、需要不足を補うためにはもってこいだったのです。

【高度経済成長期の住宅建設ラッシュ】

ふたつ目の理由としては、高度経済成長によって住宅建設が急増したためです。住宅建設により木材の需要が高まったため、成長が早い杉が大量に造林されました。

杉の伐採が進まない深いワケ

杉の伐採が進まないのは、以下のようなことが主な理由としてあられます。

  • 杉伐採におけるコスト問題
  • 山林が所有者不明で伐採できない
  • 林業の人手不足
  • 温暖化を防ぐ木でもある
  • 自然災害を防ぐ木でもある

伐採業者に依頼をして杉を切り落としてもらうと、1本あたり1万円ほどのコストがかかってしまいます。しかし、現在は杉が海外から輸入されるようになったことで、1本あたり3000円~4000円で入手することが可能です。

これが国内の杉の伐採が進まない大きな理由でしょう。このほかにも山林の所有者がわからないこと、林業の人手不足などで伐採できない状態が続いているのです。

また、環境保全の観点からは杉が重要な役割を占めていることも理由のひとつです。植物は光合成をおこなうため、二酸化炭素を取り込みます。

二酸化炭素は地球温暖化の原因となるので、二酸化炭素を取り込む杉は環境保全の観点からは残しておいたほうがよいのです。

さらに、杉がそびえたっていることで、土砂崩れなどの自然災害も防ぐことができるため、杉の伐採が進まないのでしょう。

【現状】花粉をださない杉へ植え替えが進む

しかし、そうはいっても杉花粉は厄介ですよね。杉花粉に悩む方のために、なんと「花粉を出さない杉」が開発されたのです。

花粉をまったく出さない場合は「無花粉杉」や花粉をほとんど出さない場合は「少花粉杉」といわれており、現在植え替えがおこなわれています。まだ植え替えがおこなわれた面積はわずかですが、今後植え替えが進み、花粉で悩むことがなくなるかもしれません。

植え替えをお考えの方は……

いかがでしたか?これまで、杉の伐採方法や業者の選び方、杉伐採の現状についておつたえしてきました。

「家の敷地内の杉が伸びてきた」「所有している山林の杉を切ってほしい」などのお悩みがある方はもちろん、植え替えをお考えの方も業者に依頼することで安全・確実に伐採をおこなってもらうことができます。

伐採110番では、1本からの伐採も可能ですし、立ち合いなしで作業をおこないます。また、伐採についての不安がある方は無料相談もおこなっていますから、まずは一度伐採110番までご連絡くださいませ。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介