伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > ワシントンヤシ・ヤシの木の伐採は高難易度!伐採方法や費用を解説

2018.06.18更新

ワシントンヤシ・ヤシの木の伐採は高難易度!伐採方法や費用を解説

ヤシの木もお手入れが必要です!伐採の手順を詳しく解説

大きくなりすぎたヤシの木の伐採は、業者に依頼するのが一般的です。

なぜなら、ヤシの木は背高く成長する樹木で根も丈夫であることから、伐採する際には危険がともなったり重機などが必要になったりするからです。そのため、伐採は業者に依頼するのが一般的となっています。

管理しているヤシの木が大きくなってきた方は、管理上のさまざまな問題が発生してしまう前に、業者に伐採を依頼しましょう。また、「なんとか自分で伐採したい・できないか?」という方のために、自分で伐採できるかの判断基準と方法もご紹介していきます。

ワシントンヤシ伐採のニュースが話題に

2017年、大阪府のとある大学のキャンパス内に植えてあったヤシの木が、別れを惜しまれつつ伐採されました。記念イベントとして応援団によるパフォーマンスもおこなわれ、「長い間おつかれさま」と感謝の気持ちを込めてヤシの木にエールを送ったといいます。

このことは大きな話題を呼び、伐採が始まる前にヤシの木と記念撮影をする人や、伐採が始まってからもその風景をカメラに収めようとやってくる人がたくさんいました。

卒業写真の定番の撮影スポットでもあり、学生たちの憩いの場としても親しまれてきたというヤシの木。なぜ、伐採しなければならなくなったのでしょうか?

樹齢60年のヤシの木を伐採するに至った経緯

ヤシの木が成長しすぎるとさまざまなリスクが!

毎年夏になると、大学が委託業者とともに剪定などの手入れをおこなっていたそうですが、2、3年前から木が伸びにくくなってきたといいます。そのころから葉が落ちることもあり、そろそろ寿命が近づいてきていると判断したそうです。

また、60年の間になんと20m以上の高さにまで育ったことから、台風などによりいつ木が倒れてもおかしくない状態であったというのも、管理上避けては通れない問題でした。

さまざまな施設の”シンボルツリー”

ヤシの木は大学のシンボルとして、ロゴマークにも登場するほど大きな存在感をもっていました。このように、ヤシの木をその土地や施設のシンボルとして扱っている場所は、学校や病院、会社や宿泊施設など多岐にわたります。

また、団体や施設が「記念樹」として贈呈することもあり、人々の思いがつまった木と親しまれることもあります。

ちなみに、今回ご紹介した大学のヤシの木は「ワシントンヤシ」というアメリカ原産のものです。日本にあるヤシの多くは、「シュロ」という日本原産のものが多く見られます。

ヤシの木が成長しすぎるとさまざまなリスクが!

ヤシの木は成長しすぎると、さまざまなリスクが発生することがあります。ヤシの木がある敷地の安全や衛生に関するリスクをいくつかご紹介していくので、「伐採すべきか悩んでいる」という方は目を通しておきましょう。

台風などの強風によって木の枝が飛ばされる

さきほどご紹介した大学のヤシの木のように、大きく成長しすぎてしまったヤシの木は、風の影響を受けると枝や葉っぱが飛ばされてしまいます。ヤシの木の枝や葉は高い位置にあり、飛んでいく距離も長いうえ、そこから落ちてくるとなると、ただの枝や葉っぱが凶器になり得るでしょう。

宿泊施設や病院のように多くの人が集まる場所であれば、枝葉が人にあたり、怪我やトラブルを招くリスクとなるのです

地震によって倒れる

地震が起きるとヤシの木そのものが倒れてしまうため、非常に危険です。とくに、ヤシの木が何本も連なっている場合は、ドミノのように一気に倒れるため建物にも大きな影響が考えられます。

また、大型台風や突風が発生した場合にも、ヤシの木そのものが折れてしまう可能性があるでしょう

動物の巣ができた場合、駆除が困難

鳥や虫などがヤシの木に巣をつくった場合、それを駆除できる可能性はかなり低いと考えられます。遠くから見るとわかりませんが、成長したヤシの木の葉っぱはとても大きくて扱いにくく、そもそも高い位置にあるので駆除は難しいのです。

難易度が高いヤシの木の伐採は業者依頼が安心!

ヤシの木の伐採は慣れない高所での作業なので、専門的な知識や技術がない方がおこなおうとすると、怪我や事故につながるリスクがあります。そのため、ヤシの木の伐採はプロである業者に任せるのが安心です。

また、育てている環境によってヤシの木の状況はさまざまであるため、伐採の方法も少しずつ変わってきます。伐採を専門とする業者は、一般家庭の庭から大きな施設のヤシの木まで、幅広く対応しています。業者は専門的な知識や技術を身につけているため、最適な方法で伐採をおこなえるでしょう

業者に依頼する場合の費用

ヤシの木の伐採を業者に依頼する際に気になるのは、費用ではないでしょうか。伐採の料金は、木の状態、作業の難易度、使用する機材などによって大きく差がみられます。また、伐採した幹の処分費用は別途発生するのが一般的です。

このような理由から、実際の料金を知るには業者から見積りをとるのがよいですが、この記事では参考として、相場をお伝えしましょう。

伐採料金の相場は基本的に、下記のように樹高(木の高さ)によって設定されていることが多いです。

  • 樹高3m以下:3,700円
  • 樹高3m~5m:9,200円
  • 樹高5m~7m:21,800円

※上表の平均価格は、弊社が調べた伐採業者5社のホームページに記載されている料金の平均値を算出したものです。
※提示されている価格情報はこの記事が公開された当時のものです。
※掲載料金は消費税を含んでおりません。(2020年10月時点)

木の伐採は弊社にご相談ください

弊社のサービスでは、木の伐採や抜根をおこなう業者をご紹介しています。

弊社コールセンターにご連絡いただき、お客様のご要望をうかがったら、スタッフが後日現地調査にうかがいます。現地調査と見積りの提出は無料で、お客様がご納得できたら作業をご依頼いただき、後日に伐採作業・お支払いというながれです。

作業をご依頼いただくまでは基本的に無料なので、「まずは料金だけ知りたい」「ほかの業者と比較したい」という方でも安心してご利用いただけます。伐採をご検討の方は、ぜひ弊社にご相談ください。

ヤシの木を伐採する方法

この記事の冒頭でもお伝えしたように、大きくなりすぎたヤシの木の伐採はクレーン付きトラックのような重機を使う必要があったり、高所作業となり危険がともなったりします。そのため、業者に作業を依頼するのが一般的です。

しかし、木の樹高や太さによっては、自分で伐採できることもあります。その目安とは、高さ3m・幹の太さ直径20cm程度でしょう。

育てているヤシがこの目安に当てはまり、「自分で伐採したい」という方は、伐採作業にともなう危険を理解したうえで、自己責任でおこなうようにしてください。

伐採の際に使用する道具

伐採作業で必要となるおもな道具は、以下のものです。

・安全に作業できる服装
上下長袖、帽子、手袋やすべりにくい靴など、体を守る服装を用意してください。

・ロープ
高所での作業となるために必要です。木と身体、木とハシゴはしっかりと丈夫なロープでくくりつけます。

・剪定ハサミ
葉や枝を切るための道具です。切れ味や耐久性に優れたもの、手にフィットしやすいものなど、さまざまなタイプがあります。

・チェーンソー
木をカットする際に必要となります。ただし、日本原産のシュロの場合は幹が硬くて太いため、斧で打ち付けてカットする方法がよいかもしれません。チェーンソーや斧を使う際には、正しい持ち方と使い方をマスターしておきましょう。

ヤシの木を効率よく伐採する方法

ヤシの木の伐採作業は、下記のようなながれでおこないます。

  1. 木に登る(高所作業車や梯子を使う)
  2. 葉っぱ・枝を剪定する
  3. 上から50cmほどの長さをカットする
  4. ヤシの木を地面に倒せる高さまで短くしたら、木を切り落とす
  5. その後、切り落とした木を小さくカットして処分する

シュロの木を剪定する際のポイント
シュロの木は、幹全体に巻き付いた皮が特徴です。この皮があるとチェーンソーや斧で幹を切る際に作業しにくいため、枝や葉を剪定しながら剥いていくとよいです。

伐採する際の注意点

ヤシの木の伐採をおこなう際の注意事項を何点かお伝えします。事故やトラブルなくするために、よく目を通しておきましょう。

・怪我には細心の注意を!
伐採中、思わぬ事態が発生することが考えられます。たとえば、剪定した枝が自分の顔めがけて落ちてきたり、突然雨が降り出して足元がおぼつかなくなったりすることがあるかもしれません。

そのため、安全対策をしっかりおこない、さまざまな危険を想定しながら慎重に作業するようにしてください。

・近隣への配慮
木の状態にもよりますが、ヤシの木の伐採はある程度の時間を要します。切り落とした枝や葉が落下したり、チェーンソーを使う際には大きな音を発したりするため、伐採をおこなう前に必ずその旨を近隣の人々に知らせておきましょう。

また、ヤシの木の近くに柱や電線がある場合は、それらに触れないように注意を払いましょう。柱や電線を破損させてしまったり、接触によって大きな怪我を負ったりすることがあるかもしれません。

・切ったあとの木の処理
切ったあとの木は、責任を持って処分しましょう。何ゴミとして出せばよいかは地域によって異なるため、自治体のHPなどで確認するようにしてください。

また、あまりに量が多すぎる場合は、市町村のクリーンセンターを利用したり、処理業者に依頼したりすることも選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

そしてもう1点考えていただきたいのが、根の処分です。伐採では根が残ったままとなり、放置しておくとシロアリや蜂などが発生しやすくなったり、つまづいて転倒事故につながったりするおそれがあります

そのため、ヤシの木の伐採後は抜根をおこなうのが望ましいのですが、成長しやすいヤシの木の根は深く・広くはられていることが多く、難しい作業となるでしょう。

そこで、抜根や切った木の処分も含めて伐採を業者に依頼するのがおすすめです。自分でおこなう場合より費用はかかるでしょうが、大変な作業をまとめて依頼できるという大きなメリットがあります。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

【今後も育てていく方向け】ヤシの木の育て方

最後に、「伐採後、あらたにヤシの木を育てたい」「しばらくは伐採しない」という方のために、ヤシの木の育て方をまとめました。ぜひ参考にしみてください。

ヤシの木の基本情報
ヤシの木はおもに亜熱帯地域が原産である種が多いですが、亜熱帯地域以外でも元気に育つことができます。日本でもシンボルツリーや観葉植物として栽培されることが多い、人気の樹木です。種類にもよりますが、ヤシの木は樹高が高くなるものが多く、なかにはビルの高さほどまで成長するものもあります。

ヤシの木のおもな種類

ヤシの木には、2,000以上の種類があるといわれています。今回は、代表的な3種類をご紹介しましょう。

・ワシントンヤシ
アメリカ南西部原産のヤシです。ワシントンヤシは耐寒性があり乾燥にも強いため、日本でも育てやすい種類として人気があります。

栽培環境や方法にもよりますが、一般的には15m~20mほどまで育つようです。5月~7月ごろに白い花をたくさん咲かせるのも、ワシントンヤシの魅力の1つでしょう。

・シュロ
シュロは「棕櫚」や「棕梠」と表記されることもあり、日本でもよくみられる種類です。比較的成長がゆっくりであることや、耐寒性があることから、栽培しやすい種類だといわれています。

シュロの幹には繊維質の皮が巻きついており、その皮は加工品に用いられることが多いです。なかでも、シュロの皮でつくられたホウキを目にしたことがある方は多いかもしれません。

・ココヤシ
ココヤシは名前から推測できるように、ココナッツの実がなる種類のヤシです。観葉植物として人気の高いココヤシは、丸い種子(実)から枝葉が伸びた、鉢植えの状態で育て始める方が多いようです。

ヤシの木のお手入れ方法

ヤシの木には多くの種類がありますが、今回は基本的なお手入れ方法を簡単にご紹介します。

・栽培環境(日当たり、気候、土など)
ヤシの木は亜熱帯地域原産のものが多いため、一般的には日当たりがよく暖かい環境を好みます。なかには寒さに強い種類もありますが、基本的には寒さに弱い種類が多いので、冬の寒さが厳しい地域で、庭植えで育てようと考えている方は、苗を購入する前に確認しておいたほうよいでしょう。

苗の植え付けは、5月~8月ごろおこなうとよいです。土については、水はけがよい土を選んでください。小粒の赤玉土をメインに、腐葉土や小粒の軽石などを混ぜあわせましょう。

・水やり
成長が著しい春から秋は、定期的な水やりが必要です。土が乾燥しないように水をあたえましょう。冬については、基本的に積極的な水やりは必要ありません。

・肥料やり
春から秋にかけて、2か月に1回の頻度で化成肥料をあたえます。ゆっくりと効果が出るタイプのものがよいでしょう。

ヤシの木の剪定方法

ヤシの木は成長するにしたがって上のほうに葉をつけていきます。下のほうの古い葉が枯れてきたら、その葉を株元から切ってください。また、ボリュームが気になるときは伸びすぎた葉を切って見た目を整えるとよいでしょう。

まとめ

ヤシの木の伐採方法や注意点など、さまざまなことがおわかりいただけたのではないでしょうか。高さのあるヤシの木を伐採する際には、いくつものリスクが考えれます。そのため、伐採は専門の業者に任せたほうが安心でしょう

ヤシの木はその土地のシンボルとして、人々に親しまれながら長年活躍しつづける植物です。あらゆるリスクに目を向けて、人の手で大切に扱っていきたいですね。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問