伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > チェーンソーを使った伐採方法とコツまとめ

2018.03.15更新

チェーンソーを使った伐採方法とコツまとめ

初心者もチェーンソーで安全に伐採できる?方法と注意点

 

チェーンソーを使って木を伐採するには、どのような方法を使えばよいのでしょうか?チェーンソーは伐木等作業には欠かせない大切な道具ですが、重量と勢いのある刃物なので、使い方を間違えると命にもかかわる危険も持っています。

 

そんなチェーンソーを正しく使って木を伐採するための方法をご紹介します。チェーンソーを安全に使うために大切な準備や、使用上の注意、使わないほうが良い状況など、チェーンソーで伐採をおこなうときのポイントを見ていきましょう。

 

 

伐採に必要な道具を揃えて万全な状態に

立木や庭木などの伐採をおこなう際には、林業用の道具が必要です。伐採の道具の中でももっとも大切な電動工具がチェーンソーです。チェーンソーは木を切るうえで欠かせない道具です。

 

チェーンソーの代わりに斧などを使って伐採することが可能な場合もありますが、斧の使用は体に大きな負担がかかるので、もっと楽に使用できるチェーンソーを使うのがおすすめです。

 

チェーンソーの使用には資格を持つなどの必要性はないとされ、細かい作業であれば個人でおこなうこともできます。

 

チェーンソーのほかにも、伐採に必要なものは、倒したい方向へ木を引っ張っておくためのロープ、クサビ、枝を落とすための鉈などがあります。身を守るために、ヘルメット、ゴーグル、手袋を着用し、作業着を着るのを忘れないようにしましょう。

 

チェーンソーを使った伐採の手順

チェーンソーを使った伐採の手順

 

チェーンソーを使う際はまず、手袋の装着が重要です。手袋を装着することによって摩擦を生み出すことができ、作業中にうっかり取り落とすなどという事故を防ぐことができます。

 

チェーンソーを使った伐採では、「受け口」「追い口」を作る方法を取ります。樹木を伐採するとき、木に入れる2種類の切り込みを「受け口」「追い口」と言います。

 

「受け口」は木を倒したい方向から入れる切り込み、「追い口」は木を倒したい方向とは逆から入れる切れ込みです。これらの二つの切込みによって、木が自分の重さで自然と倒れるようにするのです。

 

木が自分で倒れるようにする過程で必要となるのがクサビです。木が倒れる方向をより細かく調整するときに、クサビを木に打ち込みます。

 

受け口追い口を作りつつくさびを使って木の倒れる方向を調整し、木が倒れたら小さく分解して処分します。小さく分解した木は、可燃ごみ袋に入るのであれば一般的な可燃ごみと同じように廃棄することもできますが、場合によっては自治体に廃棄してもらうこともできます。

 

伐採をうまく進めるコツ

・チェーンソーを安全に使うコツ

チェーンソーを安全に使うには、使用前点検が欠かせません。チェーンソーはさまざまなパーツが組み合わさってできた機械なので、それぞれのパーツの装備の確実性が甘かったり、パーツが破損していたりした場合、そのまま機器を稼働させるととても危険です。

 

とくにソーチェンやガイドバーといったパーツにひびなど破損があると、命にかかわる事故にもつながりかねません。絶対にエンジンが稼働しない状況下でソーチェンの張り具合を確認し、不調があれば改善します。

 

ブレーキレバーとチェーンブレーキがきちんと作動するかも毎回必ず確かめます。周囲に火気がないことを確認して、チェーンソーの燃料を入れます。チェーンソーの使用時は、しっかりと手袋をはめて、正しい姿勢で使用することも忘れてはいけません。

 

 

・クサビの使い方

クサビというのは、木の伐採などに使用する、先端がとがった板のようなものです。くさびを木に打ち込んで利用することで、徐々に木を割ったり、伐採中に木のバランスを整えることができるといったメリットがあります。 クサビは材質も様々で、伐採用にはプラスチック製が使われることが多いです。

 

クサビを打つと、チェーンソーのチェーンが挟まれることを防ぐことができると同時に、木の伐採方向を整えることができます。裏表があるので、しっかりと確認しながら使いましょう。

 

チェーンソーの伐採では、クサビは2本1組で使用します。受け口を設けながら徐々に切り進めた後、逆から追い口を作ります。このときクサビを2本追い口の方から打ち込み、伐採方向を整えます。大きな木であれば、より正確に方向を整えるために、使用する本数を増やします。

 

 

・受け口・追い口の作り方

まずは木の太さの4分の1~3分の1くらいの大きさの受け口を作ります。このとき、受け口の高さは30~40度の角度になるようにしておきます。

 

次に、逆方向から追い口を作ります。追い口は木の生える方向に垂直になるように真横に、線のようにまっすぐにチェーンソーの歯を入れます。このとき、受け口の高さの3分の2程度の高さに追い口を入れ、受け口とは切り株の10分の1くらいの大きさぶんだけ開けておきます。

 

正しく受け口・追い口を作ると、木の重心が揺らいで、受け口が潰れると同時に追い口が開き、木は自分の重さで倒れます。

 

倒した木の解体方法

木を切り倒し終えたら、そのまま木を小さくばらしていけばいいかというと、そういうわけでもありません。木が完全に倒れ切らず、何かに倒れ掛かっている場合は、木に圧縮力という力が働いています。

 

木の上の方が重いので、木の幹にしなるような力が働いているのです。そのため、不用心にぶつ切りにすると、木の幹のほうがしなって跳ね返り危険です。圧縮力が働いている部分に上から切れ目を入れ、途中で切るのを緩めて、結果的には木自体の重さで折れるように仕向けます。

 

枝を落とす際は、チェーンソーではなく鉈でおこないます。鉈そのものの重さで振り下ろすだけで相当の威力があるので、あまり力を込めて切断する必要はありません。

 

伐採は危険と隣り合わせ!自分で切れるかきちんと判断しよう

伐採は危険と隣り合わせ!自分で切れるかきちんと判断しよう

 

■自分でチェーンソーを使えるのかどうか

重要なのは、自分でチェーンソーを使うことができるのかどうかです。チェーンソーは本来、職人が使う専門的な器具です。初心者がおこなうと命にかかわる事態に発展することもあるので、できる限り業者に依頼するようにし、自分でおこなう場合はとくに注意するようにしましょう。

 

チェーンソーを使う際にもっとも注意しなければならないのは、「キックバック」という現象です。

 

キックバックとは、簡単に言うなら「コントロールを失ったチェーンソーが跳ね返ってくる」現象です。予兆なく突然発生するチェーンソーの暴走のことで、作業者はとても強い力で跳ね飛ばされます。このとき、暴走したチェーンソーが使用者の方向へ跳ね返ってくると、命にかかわります。

 

キックバックが起こったときは、使用者はすでにチェーンソーのコントロールを失っているため、自分の方に向かってきたチェーンソーをどうすることもできず、重大な事故に至ります。

 

このキックバックを起こさないためには、「キックバックゾーン」と言われる部分にものをあてないこと、チェーンソーを高く持ち上げないこと、フルスロットルにして切断すること、切れ味の悪い刃を使わないことなどがあげられます。

 

また、キックバックが起こったときに被害を小さくするためには、正しい握り方で使用すること、「慣性自動チェーンブレーキ」がついた機会を使用することなどがあります。

 

このキックバックは、ときに、プロの作業の中でも起こりけが人を出すことがあります。このようなリスクがチェーンソーにはあるということを踏まえたうえで、自分でも作業をおこなえるのかどうか判断しましょう。

 

 

■自分で切れる状態なのかどうか

木の高さがあまりにも高いときは、自分で伐採をおこなわないほうがよいと言えます。これは、チェーンソーの危険な使い方である「高い位置で使う」という状況を誘発するという理由もあります。

 

また、伐採場所が平地ではない斜面だったり、木が密集した場所で作業場所が十分に確保できなかったりする場合は、プロに任せた方が安心です。

 

まとめ

チェーンソーを使った伐採は、ときには大きな危険も伴います。チェーンソーはプロや有資格者でなくても使用できる機具ではありますが、固い木の幹を切ることができるほどの高速で回転する刃物のため、一歩間違えば命にかかわります。

 

正しい使用方法に従って、安全に作業することが大切です。また、自分でおこなう作業に少しでも不安を感じたり、わからないところがあったりする場合は、きちんとプロに依頼して作業してもらうようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介