最新情報・レポート

伐採に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすく配信していきます。よろしくお願いいたします。

自分で切った庭木の処分について

伐採作業

背丈の小さい木や本数が少ない場合など、ご自身で庭木の伐採をされることがあると思います。また、伐採は業者に依頼したものの予算などの都合で処分はご自身でしようと検討されている方もいるのではないでしょうか。

伐採した木は小さくまとめても案外かさばるので、邪魔にならないようきちんと処分をしないと邪魔になり近隣にも迷惑をかけてしまうことになります。

ここでは適切な庭木の処分の方法について紹介いたします。剪定した際に出てくる枝や葉の処分についても同様なので、ぜひご活用ください。


木は“可燃ごみ”

木は燃やすことができるので、分類としては“可燃ごみ”となります。30センチメートル程度に切り分けて袋に入るようにしておくのがいいでしょう。お住まいの地域で指定されている可燃ごみの回収日に出しておけば、通常の家庭のごみ同様に回収してもらえるので、無料で手軽に処分ができます。

伐採した木を細かく切り分ける作業が必要になるので、小さい庭木を少数だけの場合や、処分するのに比較的時間の余裕がある方であればこの方法が一番簡単かもしれません。

自治体のクリーンセンターに持ち込む

クリーンセンター

回収日まで伐採した庭木を置いておく場所がない、木の量が多く可燃ごみで出せるよう小さくするのが難しいなどの場合は自治体のクリーンセンターに直接持ち込む方法もあります。

この場合はもちろん自分で運ぶことになるので、トラックなど運搬用の車の手配をする必要があります。

また、自治体ごとに手数料の違いや持ち込みできる日が指定されている場合もあるので、必ず事前に問い合わせをするようにしましょう。持ち込み可能な日が限られる場合にはそれから逆算して伐採の日取りを検討すると効率も良くなります。

業者に依頼する

ご自身で処分のため作業をスタートしたものの手が痛くなって諦めた、という話も実はよくあります。予算を少し割いてもいいような場合、一番楽なのは業者に依頼する方法です。

処分だけをしてくれる業者もあれば、造園業者などの場合は伐採前の供養から処分まで一括で担当してくれるところもあります。

処分したい木の本数や大きさ、トラックを手配する必要があるかなど、状況によって金額の相場も変わってくるので、比較検討をしてご自身に合ったところを探してみましょう。

木の伐採や処分の作業は案外危険が伴うのをご存じでしょうか。切った木の枝などで怪我をしたり、山茶花(サザンカ)などを食草しているチャドクガなど体毛に毒がある害虫がついている場合があるので注意をしなくてはなりません。

また、少し太さのある幹などはチェーンソーなど扱いに慣れていない道具を使うことになるので、キックバックが起こったり怪我をする恐れがあります。伐採のプロに依頼すればそれらの危険な作業は適切に作業してくれるので、安全性が高いと言えます。

処分する木をまとめやすくするポイント

切り株

ここでご自身で庭木を処分する際に役立つポイントを紹介したいと思います。大変な作業ですから、少しでも効率よく進められる手助けになれば幸いです。

1.いきなり根元から切り倒さない

人の背丈をこえるような樹木を切る場合、最初から根元に近い場所で切り倒すと非常に重くその後の作業がしにくくなってしまいます。

肩より上までで一度切り、その後根元を切るなど何度かに分けて切り倒すようにするとやりやすくなります。

2.生木を伐採したときは葉が枯れる前に一気に作業を進めよう

家を売却するなどで生木をやむを得ず伐採する場合もあると思います。葉がついた状態の木は、伐採後放置している時間が長いと葉が枯れ、作業するごとにバラバラと散るのでごみをまとめる作業が非常に難しくなります。

葉が枯れる前に早めに作業をやりきってしまいましょう。

3.天気を考慮して伐採、処分の日を決めましょう

切った木は雨などで濡れてしまうと水分を吸収してかなり重くなります。雨が降る前に回収や持ち込みなど運搬の作業が終わらせられるよう、天気予報を確認しながらスケジュールを立てると大変な思いをせずにすみます。

まとめ

木は思っているより堅いので想像していたより作業が進まないこともあるかと思いますが、事前に「誰が」「どのような手段で」「いつ」処分するかを具体的に検討してから作業に入ることで効率よくすることができます。

全体の作業のスケジュールをしっかり立ててから手をつけるようにしましょう。

また、作業をスタートしてからご自身では難しいと判断した場合、費用はかかりますが無理せず業者の力を借りるのも賢明な判断です。安全かつ適切に庭木の処分をすることが必要になります。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-170-251
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼