伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 高所でのチェーンソーの使用

2017.02.16更新

高所でのチェーンソーの使用

まず前提として、チェーンソーを使用するのは地上だけにするべきです。不安定な足場では落下してしまうかもしれませんし、チェーンソーの反動に耐えきれずバランスを崩してしまうかもしれないからです。しかし必要に応じて、伐採前に木の上に登って、その場でチェーンソーで枝を切り落とす場面があるかもしれません。非常に危険な行為ですので、素人の方は絶対に真似をしないほうが良いでしょう。

もしも高所でチェーンソーを使用しなければならない場合、まずは準備が必要になります。前述のようにチェーンソーの反動は危険なため、小型かつ軽量で、扱いやすいトップハンドル型のチェーンソーが望ましいです。そして、安全帯を装着しておき、万が一落下しても大丈夫なように備えておきます。ただし、チェーンソーの刃が触れて切れてしまうおそれがあるため、簡単には切れないワイヤー入りの物にするのがよろしいでしょう。
準備を整えましたら、いよいよ登って伐採していきます。基本的に移動は両手両足で行い、チェーンソーは出番があるまで握らないようにします。そして足場と安全帯を確認し、チェーンソーで伐採していきます。トップハンドル型のチェーンソーは片手で使用する事もできますが、それではチェーンソーのキックバックなどを制御することができないため、必ず両手で扱うようにします。

何度も言いますように、高所でのチェーンソーを使用した伐採作業は危険です。運が悪ければ、下にいる人まで被害に遭う恐れもあるでしょう。むやみに被害を広げないためにも、高所での伐採はおやめください。そして、伐採のプロに依頼するようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介