伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 高い木ほど風の影響を受けやすい

2016.11.17更新

高い木ほど風の影響を受けやすい

日本で広く見られる庭木には、広葉樹が植えられていることが多いようです。広葉樹は葉の形が丸っこいものが多く、秋には葉を落として休眠状態になるのが特徴の「落葉広葉樹」と、常に葉を付けたままの「常緑広葉樹」の2つに分けられます。前者の代表がイチョウやカエデの木で、後者の代表例はクスノキやモチノキです。葉を落とすか落とさないかはさておき、広葉樹は葉が大きく丸っこいだけでなく、枝も横方向に向かって大きく張り出すようになっています。 木が小さいうちはさほどではありませんが、大きくなると、風の影響を特に受けやすい木でもあります。 夏から秋に掛けての台風はもちろん、冬になれば暴風雪が危険を呼びます。風に煽られた庭木が、万が一倒れるようなことになれば大事故の危険もあるため、出来るだけ何とか対処をしておきたいところです。 剪定で高くなりすぎないように切り詰めていくこともできますが、すでに大きすぎる樹木については、安全を優先して切り倒してしまうのもおすすめです。 皆様からのご相談にいつでも対応可能なコールセンターがございます当サイトに、お庭の大きすぎる木の伐採についてもお気軽にご相談ください。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介