伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 雨が降っている日に伐採はしないように

2015.09.07更新

雨が降っている日に伐採はしないように

よく「剪定」と「伐採」を混同されていることがありますが、
「剪定」と言うのは、樹形を整える為に行われる作業のことで、
「伐採」と言うのは、森林地帯にある樹木を伐り倒す作業のことを指します。
ですので、今後どちらかをする必要性が出てきましたら、
上記それぞれの違いについてよく覚えていただけたらと思います。

さて、伐採は自分で行えることは出来ますが、
倒れた樹木に下敷きになる可能性というのがあるので、出来れば専門業者に依頼されたほうが良いです。
もちろん、理由は他にもあります。
それは雨が降っている日です。
何故かと言いますと、雨が降っていることで周りの視界は悪くなるからです。
視界が悪くなるということは、当然外で行う作業にも支障が出てきます。
ですので、雨が降っている日は作業を中止されていることが多いです。
どうしてもご自分で伐採をされたい方がいらっしゃいましたら、
天気が良い日に伐採を行うようにしましょう。
ただ、天気が良いからといって全く事故が発生しないというわけでもないので、
やはり、専門業者に伐採を依頼したほうが良いというのが当サイトのオススメです。
当サイトからでも専門業者に依頼することは出来ますので、ご検討していただけたら幸いです。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介