伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 集成材

2014.04.06更新

集成材

一般的な伐採木に比べ、間伐材は製品として提供される適齢に達していないため、用途が問題となっていました。 このように適齢期に達していない伐採目の利用方法としてあげられる代表的なものとして、「集成材」があります。 集成材とは、細かな木材を接着して再構成された木質材料のことで、厳格な検査を通過した構造用集成材と、検査を受けていない造作用集成材とに分けられます。 強度や防水性に優れた構造用の集成材は、主に建築物の柱や骨組み等の建築材料として用いられるのに対し、造作用の集成材は家具や内装等の比較的安全性を考慮する必要のない部分に利用されることが一般的です。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介