伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 間伐は大切な作業です

2016.06.28更新

間伐は大切な作業です

森林は雨を蓄えてその雨をゆっくりと川に流したり、二酸化炭素を吸収して温暖化防止に貢献するなど、私たち人間にとって大切な資源です。森林が完全にこの世から消滅してしまえば、私たちは生きていくことすらできなくなってしまいます。その大切な森林を守り健康な生長を促すために間伐は行われます。間伐とはそもそもどのような意味なのでしょうか。森の木は生長し過ぎると隣同士の木の葉が重なりあってしまうことで、お互いの生長を妨げあってしまうのです。そこで私たち人間が木の枝など一部を切ることにより、それぞれの木が生長できる空間を作ってあげることを間伐といいます。間伐を行うと太陽の光が届かなかった地面にも光が届くようになるので、森全体の植物が健康に育つ環境作りをすることにもなるのです。では間伐を行わずに放置をすると森の木は一体どうなってしまうのでしょうか。当然木は生長しなくなってしまうばかりでなく、台風などですぐに倒れてしまうような弱い木になってしまいます。そればかりでなく、二酸化炭素を吸収するという大事な働きも低下してしまうのです。これは森林だけでなく自宅の庭木にも共通して言えることです。いつまでの健康で強い木のあるお庭で過ごしたいと思いませんか。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介