伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 近隣トラブルと法律について

2016.08.30更新

近隣トラブルと法律について

庭木の近隣トラブルとして、多く寄せられる相談があります。それは、「敷地内に枝や葉が侵入していること」です。このようなトラブルで頭を抱える方は多いのですが、この場合の正しい対処法とはどのような行動でしょうか。また、法律的にはどのような注意点があるのでしょうか。今回はそんな近隣トラブルについて、解説していきます。

【庭木の所有者側における注意点】
隣家の敷地内に、一部でも庭木の枝や葉が侵入していた場合。まず、隣家にお住まいの方から「切ってください」とお願いされたら、正当な理由であれば、基本的には応じることになります。なぜなら、これは「景観法」という法律を元に、各地域でも条例などで環境配慮について定められている場所があるのです。その内容は、主に「近隣の方へ被害を与えない環境作りをすること」です。そして適切ではないと判断された場合は、改善措置を要求されることになります。

【隣家の庭木で被害に遭っている方への注意点】
被害に遭っている方は、庭木の所有者に理由を述べ、切ってもらえるようにお願いしましょう。ここで注意しなければいけないのは、間違ってもご自身で勝手に切るようなことは避けてください。たとえご自身が所有している土地に枝が伸びていても、庭木自体は他人の所有物です。勝手に切ってしまうと不法行為に該当する恐れがあります。

このように、お互いがお互いのことを思いやって庭木の手入れをすることが大切です。しかし、庭木を常に適切な状態に保つことはそれほど容易ではありません。そんなお悩みを抱えている方々は、ぜひ当サイトをご活用ください。伐採業者を多数紹介しておりますので、ご満足頂けるサービスを見つけられるかと思います。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介