伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 見た目を重視した剪定を

2015.07.15更新

見た目を重視した剪定を

玄関門の近くまたはお庭に大きな木がある住宅があると思います。 その木が落葉樹の場合、たくさんの葉っぱが地面に落ちますが、 葉っぱが多ければ多いほど、片付けるのが大変になってしまいますよね。 お庭だけ葉っぱが落ちているならまだ良いですが、 お隣の庭や玄関前の道路に葉っぱが落ちてしまうのはよろしくありません。 なので、ある程度その木を剪定する必要がありますね。 剪定には特別な資格がないので、一般の方でも剪定を行うことは可能です。 住宅にお住まいの方の中には、ご自分で剪定をされる方もいらっしゃると思いますが、 剪定はただ単に枝を切ればいいというわけではなく、 見た目の形を整える目的も含まれています。 剪定を行う際は、見た目が変にならないよう切る箇所を注意する必要があります。 例えば、切る箇所を一箇所に偏ってしまうと、 それだけ見た目が変になってしまいます。 もし、ご自分で剪定しても見た目が変になってしまう可能性がありましたら、 剪定のプロフェッショナルである専門業者にお任せすることをオススメいたします。 専門業者であれば見た目が変になる心配はありませんし、 また、今後自分が剪定をする際の良いアドバイスを得られるかもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介