伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採は自然破壊なのか

2013.11.22更新

伐採は自然破壊なのか

伐採と聞いて、即座に「自然破壊」と連想される方もいらっしゃるでしょう。確かに、度が過ぎた伐採は自然破壊につながります。しかし、伐採することが逆に自然環境を改善している事もあるのです。
森林は、ある程度の手入れが必要なのです。もしも全く伐採をしなければ、木が密集しすぎてしまい、その森林の環境が悪化してしまいます。しかし木を間引いていく事で下草まで日光や栄養が行き渡るようになり、土壌が改善されます。また、充分に生長しきった木は光合成で二酸化炭素を吸収する量が減ってしまいます。しかし、生長した木を伐採して新たな若木の成長を促す事で、二酸化炭素の吸収量を高める事ができるのです。
このように、伐採は環境の改善にも役立っています。広範囲の伐採が必要になったときも、安心してお任せください。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介