伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 突然倒れてしまうことも

2016.12.08更新

突然倒れてしまうことも

健康な木が育ちすぎてしまった時には伐採をして対応しますが、病気になった木や枯れた木に対しても伐採をすぐにしてあげましょう。大きくなりすぎた木は隣の家にまで枝を伸ばしたり、電線に枝を引っかけたりしますので近所迷惑にならないようにするために伐採をします。病気の木、枯れ木も同じように近所迷惑にならないように伐採をするのです。どちらの木も共通点として耐久性が落ちているということが挙げられます。病気になって弱った木は台風などで折れてしまうかもしれませんし、枯れ木も同じように倒れてしまう可能性があるのです。どちらも強い風がある時や、酷い場合は何もない時に突然崩れ落ちてしまうかもしれません。もしその庭木が大きな木であれば、どこに崩れ落ちるか分かりませんのでとても危険です。もし人がいる方向に倒れたら、枯れ木や病気の木であったとしても大怪我の原因になってしまいます。どこに倒れても問題になりますので、こうなる前にちゃんと伐採で制御をした位置に倒れるようにしましょう。もしも庭に枯れ木や病気の木があるのでしたらご相談ください。庭でなくても、森林などにこういった木があっても危ないです。どちらもご依頼いただければ、対応可能な伐採業者を見つけることができますので安全のためにもぜひご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介