伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 狭い所での伐採はどうするのか

2016.12.21更新

狭い所での伐採はどうするのか

伐採をする現場が狭いということがあります。小さな庭に大きな庭木があるというものです。狭い庭であるのに庭木が大きくなりすぎてしまい、隣の家や自宅にまで枝が伸びてしまうというトラブルの原因になってしまいます。では、こういった庭木はどのようにして伐採するのでしょうか。普通に伐採しようとすると、倒れた木が自宅か近所の家を壊してしまいます。ものばかりではなく、人に対しても怪我を負わせてしまうかもしれません。では伐採することができないのかといえば、そういったことはありません。こういったことがないように、上からちょっとずつ切り落としていく伐採方法があるのです。ワイヤーなどで伐採業者が庭木の上に上り、そこから少しずつ庭木を切り落としていきます。高所作業車が入ればそれを使いますが、入れない場合はロープクライミングで木の上まで登るのです。こういった技術がありますので、皆さまのご自宅の庭が狭くて大きな庭木の伐採が難しいと思われても問題はありません。安全に伐採をすることができます。当サイトにご依頼いただければ、狭い現場であってもしっかりと伐採をやってくれる業者にご依頼いただけます。庭の広さに関わらず、伐採が必要ということでしたらご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介