伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 特殊伐採で住宅地の伐採も

2016.12.05更新

特殊伐採で住宅地の伐採も

伐採が必要な木は、何も広大な土地にばかりあるとは限りません。ごく普通の住宅街でも、伐採が必要になるケースはあります。このような家々が密集した場所では、木がトラブルの種になってしまうことがあります。木が大きくなりすぎれば隣家への日光を塞いでしまうことがありますし、落ち葉や果実、害虫などを落としてしまう事もあります。そのように迷惑になる木は、伐採も考慮しなければいけません。しかし、住宅街では伐採のための重機を入れるのも困難です。そのような環境下では、「特殊伐採」を選択することもあります。
特殊伐採とは、重機を使用せず、ロープやチェーンソーなどを用いて人力で伐採する事を言います。具体的には、伐採する木に上り、上から順に枝や幹を切り落としていくのです。その作業を行うためには、高いクライミング能力と、伐採した枝や幹を下ろすリギング技術が要求されます。そのため、全ての伐採業者が特殊伐採を行えるというわけではないのです。
もしも、住宅街での伐採をお考えでしたら、当サイトよりご相談ください。このような特殊伐採が必要なケースでもそれに対応できる伐採のプロがお伺いいたします。どのような場所の伐採もまずは一度ご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介