伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 森林伐採は環境破壊ではありません

2016.03.29更新

森林伐採は環境破壊ではありません

木材を使用した使い捨ての商品(割りばしなど)は、地球環境を悪化させると考えられておりました。しかし、森林というのは放っておくと木が生えすぎ、結果として森林全体が健全な状態でいられなくなってしまいます。そこで森林を健全な状態に保つために木を伐採する必要があるのです。また、木はご存知のように光合成をして、二酸化炭素を吸収し、酸素を輩出しています。しかし、木事態も呼吸により酸素を吸収し、二酸化炭素を排出しています。若木は二酸化炭素の排出よりも吸収する量が大きいのですが、成長するにつれ吸収する量は減ってきてしまいます。十分に成長した木は伐採し、若い木を植林し育てることで、森林全体の炭酸ガスの呼吸能力を高める必要があります。そのため、森林を伐採するそれのみで、すべて自然破壊と決めつけるのではなく、健全な森林を育てるための伐採もあるのだということを理解ください。また、木材の代わりに鉄などを使用すると、その育成過程で木材を使用した場合よりも数倍の炭酸ガスを排出してしまい、地球環境が吸収できるよりも多くの炭酸ガスを発生させてしまうという事実もあります。このように、伐採はとても重要なものなのです。もしも、伐採したいけどわからないという方は、業者に依頼しましょう。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介