伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 森林伐採の必要性

2015.08.12更新

森林伐採の必要性

この夏は日照りも強く、生き物の成長も盛んになります。この成長が盛んな時期は森などでは木と木の密度が高くなります。 木が沢山生えているということは一見環境に良いように思われていますが、実際はどうなのでしょうか。 今回はそんな伐採の必要性について考えてみましょう。 森林伐採というと地球温暖化の原因となると思われています。沢山木を切ってしまうと、二酸化炭素を吸収して酸素に変換してくれる植物が無くなってしまい、それが結果的に地球温暖化に繋がってしまうというわけです。確かに森林伐採を繰り返し、世界中の緑が減ってしまうことは確かですが、それが伐採をしなくてもいい理由にはなりません。 森林伐採は成長する森に手をかけることでもあります。世界中に植林地と言って、自然に出来た森ではなく人工的に植えられた木によって出来た森が沢山あります。こうした植林地は植えた人間が時々間伐をする必要があります。 成長しすぎた木は若くて小さい木の光合成を阻害してしまい、結果的に老いた木が寿命を迎えた時は、若い木も生えない死んだ森になってしまうのです。また若い木の方が二酸化炭素を酸素に変換する効率が良いために、ある程度成長した木は伐採する必要があるのです。 また植林地を放置することは深刻なスギ花粉症患者を増やす原因にもなります。 森や林を持っているけど伐採をどうして良いかが分からないという方、最善策をご提案出来るかもしれませんので、是非プロにご相談ください。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介