伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 森林も伐採が必要です

2016.10.03更新

森林も伐採が必要です

森林の重要性については、多くの人が小さい頃から学んできたことと思います。それと同時に、毎年多くの森林が伐採されている事も学んできたことでしょう。確かに過剰な伐採は環境破壊につながりますが、適度な伐採は必要なのです。もしも伐採をせずに森林を放置していますと、森林の持つ良い高価を発揮することができなくなってしまいます。
そもそも、正常な森林にはどのような効果があるのでしょうか。まず、山崩れを防ぐ効果があります。木は、地面の深くまで根を下ろしています。こうして木の根が地面をしっかり固定することで、土壌が崩壊する事を防いでくれるのです。また、木々の枝葉が降雨の衝撃を和らげてくれますので、地表が削り取られて流されてしまうのを防ぐのです。また、森林の土壌は多くの水分を染み込ませることで、水が流れ出すのを防いで洪水の発生率を抑えてくれるのです。森林といいますと光合成や材木としての利用などが真っ先に挙げられるかも知れませんが、災害の発生を防いでくれる大切な存在なのです。
しかし、だからといって木々が密集していれば良いというわけではありません。枝葉が混み合ってきますと、日光や栄養分がいきわたらなくなります。そうなりますと、木々の生長が阻害され、下草の生育も悪くなり、土壌も痩せていってしまいます。そうなりますと、森林は前述のような効果を発揮することはできません。実は日本では国産の木材の需要が低下しており、このように放置されてしまった森林もあるのです。しかし間伐などの方法で伐採することによって、適度に間引きすることで森林の環境は改善されます。伐採と環境破壊は、必ずしもイコールではないのです。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介