伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 森林は炭素の貯蔵庫にもなります

2015.07.08更新

森林は炭素の貯蔵庫にもなります

植物が光合成を行なう時には二酸化炭素を吸収し酸素を排出するというのは有名な話です。なので、森林の伐採行為は炭素問題にはマイナスの効果与えてしまうと考えられていました。しかし、では植物の中に炭素を貯蔵しておくことが出来るとも言われるようになり、植物は二酸化炭素を変換するだけではなく、貯蔵庫としての役割も担っていると考えられています。その中でも蓄積量が多いと言われているのが木です。草原と森林の二酸化炭素の貯蔵量を比べると大きな差が出ると言われています。しかし、木が二酸化炭素を貯蔵出来る量には限界があり、限界を超えるとそれ以上二酸化炭素を貯蔵することは無くなるそうです。基本的に炭素の貯蔵は若い気ほど盛んに行い、年をとるに連れて貯蔵量は現象すると考えられています。なので、最近では森林の中に活発に炭素の吸収を行なう若い木を増やしていこうという考えから、貯蔵量が限界を迎えた古い木を伐採し、二酸化炭素をよく吸収する若い気に切り替えていこうという傾向にあり、伐採は炭素問題の解決に役立つ作業になりました。このように最近では、森林を残すだけではなく、状況に応じて伐採も行っていこうという傾向にあり。間伐などもその1つです。現在様々な場所で伐採を必要としているかもしれませんが、素人が伐採を行なうのは非常に危険ですので、無理をせずに専門業者に相談することをおすすめします。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介