伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 桜の病気が蔓延しています

2015.04.15更新

桜の病気が蔓延しています

春の訪れを教えてくれる桜は日本人だけでなく、世界各国からも観光客が花見に訪れます。 そんな日本人にとって大切な桜、盆栽やあるいはそのまま庭に木を植えて楽しんでいる方も少なくないのではないでしょうか? 実はそんな桜、数年前から桜の病気に警鐘が鳴らされていました。 一般的に公道などに植えられたり、花見を楽しまれている花の種類はソメイヨシノです。 ソメイヨシノは接ぎ木により増えており、ほぼクローンです。よって大変病気に弱く、また桜が一気に植えられた「桜団塊世代」の桜が今一気に高齢化しており、寿命を迎えています。 ご自宅周辺の桜は健康ですか?見た目には健康な桜ですが、寄生キノコなどによって中身を侵されている場合もあります。 どうしても手遅れになってしまった桜はきちんと伐採しないと、突然倒れて甚大な被害をもたらすことがあります。 怪しいなと思ったらすぐにプロに相談しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介