伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 木々の成長と光合成

2015.08.04更新

木々の成長と光合成

植物は光合成を行ない、二酸化炭素を酸素に変換してくれるという話は有名です。中でも木々は空気を変換する量が多いと言われています。 更に掘り下げていくと若い木々ほど活発に光合成を行ない多くの空気を変換しています。しかし、ある程度成長してしまうと空気の変換効率は劇的に下がってしまい、空気を浄化する効果があまり期待できなくなってしまうのです。 そこで、古い木を伐採して、新しい木を植えていこうという動きが活発になっています。伐採と聞くと自然破壊を行ない地球の温暖化問題を助長する行動に思われがちですが、環境面を考えて行なう伐採も存在するのです。更に、伐採された木々は木材として加工され我々の生活の助けとなっています。また、間伐様な伐採作業は木々の成長を促す目的で行われています。 しかし、伐採も手当たり次第に行っていればいいという訳ではなく、正しい知識に基づいて行う必要があります。その正しい知識を持っているのが専門業者と言われる存在です。なので、伐採の必要を感じた時には専門業者を利用する事をおすすめします。 当サイト「伐採110番」でも専門知識を持った現地スタッフの紹介を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介