伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 早めの対処を

2016.01.19更新

早めの対処を

先日、近所の公園にある大きな木が何本か処分されていることに気がつきました。たまたま近所の方にその話をしたところその木々を処分した業者さんと話をしたらしく、木が腐ってしまいほかの木々にも悪い影響を及ぼす危険と害虫が被害の恐れがあると話をききました。気に入っていた公園の景色だけに残念と思う気持ちと同時に木々の管理は大変なんだなと感じました。伐採や剪定が必要な木々はさまざまな庭や施設にあります。定期的に伐採や剪定をされている方もいらっしゃると思いますが、素人目にもあきらかに手入れがいき届いてない場所を見かけることがしばしばあります。しばらくなにもしてないというのであれば、対処してくれるの業者にみてもらうことをオススメします。状況に応じた剪定や伐採をし木々の健康をチェックと状況を確認しておくと管理のやり方が見えてくると思います。場合にもよりますが、知識と経験がある業者でないと対応対処ができないことも多岐にありますので、ただ枝が伸びているから切断すれば良いといったものでもありません。大切な木々の健康状態にも影響がありますし電柱に枝が引っかかっていたりすれば危険です。景観も綺麗になりますので見積もりを出してもらい早めの対処をしていきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介