伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > チェーンソーは正しく使用しましょう

2015.03.13更新

チェーンソーは正しく使用しましょう

インターネットの画像やテレビのバラエティ番組などで、実際に作業員が伐採作業をされている光景を目にした方はいらっしゃるかと思います。伐採作業というのは自分でできなくもないですが、気をつけなければ様々な危険が起きてしまうので注意が必要です。
例えば、チェーンソーによる伐採も危険の一つです。チェーンソーは機械の力で高速で刃を回転させますが、その操作を誤れば、その刃が自分に向かってしまうことがあります。その中でも、恐ろしい現象が「キックバック」と呼ばれるものです。突如チェーンソーが跳ね飛ばされるため、運が悪ければ避ける事もできずに直撃してしまうことになります。キックバックは、キックバックゾーンと呼ばれる部分を当ててしまったり、木に刃が挟まってしまう事で発生する事が多いです。
それを防ぐためには、よく手入れされたチェーンソーを、正しく使用しなければいけません。また、万が一キックバックしてしまったときに被害が発生しないように気をつける必要もあります。チェーンソーを個人で使用する場合、特に資格などは必要ありません。しかしそれだけに、間違った使い方をしてしまう事もままあります。チェーンソーは頼りになる反面非常に危険な道具ですので、その後利用にはご注意ください。どうしても自信が無いという方は、伐採のプロにお任せください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介