伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 庭木の伐採は自分で行うべきか?

2016.07.06更新

庭木の伐採は自分で行うべきか?

綺麗に整えられた庭木は美しいものです。緑に囲まれると自然にリラックスすることができるだけではなく、自然の木からの良い香りに癒やされることもあります。また日本にある四季を感じることができます。外から家の中が見えるのが気になる方は、外から目隠しになるように庭木を活用することができます。このように庭木には様々なメリットがあります。しかし庭木の見栄えを保つには、こまめに手入れを行う必要があります。庭木を伐採する時に、幹や枝があまり太くなく低い位置にある場合は、ご自身で行うことができるでしょう。しかし高所で伐採を行う場合や、太い幹などを伐採するのは難しい作業だと言えます。伐採はノコギリやチェーンソーなどを使って切り倒しますが、無理をして使うとケガをする恐れがあるので注意が必要です。庭木の伐採は普段使い慣れない道具を使ったり、体に負担のかかる作業になるので、専門の業者に依頼をするほうがスムーズに進めることができます。伐採した木は、細かく切れば自治体によっては可燃ごみとして処分をすることができます。しかし大量にある場合やご自身で所定の場所に持ち込まなければならない自治体もあります。庭木の処分についても、困ったら業者に依頼するのが良いでしょう。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介