伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 庭木の伐採はなぜ必要か?

2016.06.17更新

庭木の伐採はなぜ必要か?

木の伐採というと、山や森林で大きな木をチェーンソーでダイナミックに切り倒すというイメージが強いかもしれません。しかし、私たちの身近にも伐採が行われる機会はあります。たとえば庭師さんなどによる庭木の伐採。このような場合は自宅に被害を与えたり、近隣の方にご迷惑をおかけしたりしないように慎重に伐採作業が行われます。では、どのような時に庭木の伐採は必要になるのでしょうか。今回は庭木の伐採が必要になるケースをご紹介いたします。 まず、庭木の伐採を希望される方の多くは、木が大きくなりすぎた場合に伐採を依頼するようです。たとえば、高齢になって大きな木は手入れできなくなってしまった。自宅の日光を遮るようになってしまった。近隣の方から落ち葉の量や日光の点から苦情が入ってしまったというような場合です。また、枯れかけてきた木を伐採するということもあります。枯れて力の弱くなってきた木は、強風時などに倒れたり、飛ばされたりして人や物に損害を与えることも考えられます。 もし、このようなことが思い当たって木の伐採を考えられた場合も、自分でやろうとするよりも、伐採を取り扱う業者に依頼することをおすすめします。なぜなら、安全に伐採を行うには知識と技術が必要になるからです。安心・安全な伐採を行って、より綺麗なお庭を手に入れてください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介