伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 庭木があることのメリットを考える

2015.12.11更新

庭木があることのメリットを考える

ご自宅の庭で木を大事に育てている方は、定期的に剪定や間伐などしてお手入れをしていると思います。剪定や間伐をしないと庭木への日光の当たり具合にバラつきがでてしまい、腐ってしまったり枯れてしまう可能性があります。庭木が大きくなりすぎると、家の中の日当たりも悪くなってしまいます。また、剪定や間伐を行うことは庭木が健康に育ち見た目がキレイになるだけでなく、庭やご自宅全体の外観もキレイに保つことができます。庭木を育てている方にとっては剪定、間伐とは聞き慣れていて、小さい庭木ですとご自分で行う方もいらっしゃいます。自分で手に負えない場合は業者に依頼して行ってもらうことが多いでしょう。時には完全に庭木を切り倒す伐採を行う場合もあります。例えば、中古物件を購入したら大きな庭木が生えていて、邪魔なので処分してしまうケースです。以前の持ち主は大事に育てていたかもしれませんが、新しい持ち主は処分したくて業者に庭木の伐採を依頼することが多いです。邪魔だから処分してしまうと決める前に庭木があることによるメリットを考えてみてはいかがでしょうか。庭木が生えていれば、外からの目隠しになります。また、台風などの強風に対する防風効果もあります。四季の変化を楽しむこともできます。処分する前に剪定、間伐などを行い本当に庭木が邪魔かどうかを考えてみるのがいいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介