伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採には危険がつきものです

2013.11.07更新

伐採には危険がつきものです

「庭木が大きくなりすぎて、近所から苦情が来ている」「空き家に生えている庭木を伐採したい」そのような時はご相談ください。伐採のプロが現場にお伺いし、皆様に代わって伐採を行わせていただきます。
伐採は危険な作業です。そのため、経験の無い素人の方が行いますと事故に繋がる確率が高いため、決して無理をしてはいけません。もしも無理に伐採を行いますと、伐採した木が作業者や通行人に向かって倒れてしまうことがありますし、お家や外構などを傷つけてしまう恐れもあります。また、伐採作業では鋸やチェーンソーといった刃物も使用します。完全に人力の鋸ならまだしも、エンジンを回して使用するチェーンソーはキックバックの発生も危惧されます。そもそもチェーンソーは、本来は木材を切断する際に使用するものでしたので、地面から生えている木々の伐採には不向きな事があります。
伐採では、鋸やチェーンソーの力を借りなければほぼ不可能な作業です。ご自身で安全を確認し、使い方を覚えてしまうのも良いのですが、そこまで手間を掛けるくらいなら業者に任せてしまうのが楽でしょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介