安全な伐採の進め方|伐採・剪定・間伐:伐採費用1本あたり2,000円~の明朗会計|伐採110番
伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 安全な伐採の進め方

2017.01.26更新

安全な伐採の進め方

伐採は大きな木を切り倒す作業ですので、安全に配慮しておかなければ大きな事故につながることもあります。もし、これから伐採を検討しているようであれば安全な伐採方法を知っておいて損はないでしょう。

まず、安全を確認する距離についてですが、伐採する木の大きさの2倍くらいの距離の安全は確保するべきだと言われています。範囲内に人はいないか、下敷きとなるものはないかなどを確認しましょう。木には枝葉がついていますので、木の高さよりも広い範囲の安全を確認しなければいけないのです。
次に木を倒す方向を決めましょう。伐採したときにどの方向に木が倒れるかわからないという状況は非常に危険です。当然ですが、木を倒す方向には、障害物や下敷きになるものがあってはいけません。

周囲の安全と木を倒す方向が決まれば木を切り倒していくのですが、狙った方向に倒すには受け口を作るなどの技術が必要になります。
今ではインターネットの情報も充実していますので、伐採についても簡単にできると思う方がいるかもしれませんが、事故が起きると取り返しのつかないことになります。

基本的には、素人の伐採はおすすめできることではありませんが、どうしても自分でやる時には、安全に木が倒せる状況を作ってからとりかかると良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介