伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 夏の伐採は危険がいっぱいです

2015.08.07更新

夏の伐採は危険がいっぱいです

伐採についてまわる危険性は様々な物があります。 切り倒した木が、誤って自分の方に倒れてくる、足場の悪い場所で作業をしている際の転倒、転落などがあります。 ただ、今の時期の伐採については、他の時期と異なる危険性がついて回ります。 その一番の例が、スズメバチによる被害です。スズメバチは木に出来た隙間や、枝に大きな巣を作りますが、伐採を行う場合、これらの巣に近づきすぎて、ハチに攻撃を受けることがあるのです。更に、この時期のスズメバチは特に凶暴になっており、本州から九州まで広く生息するキイロスズメバチについては、死亡者も出るほどの被害が報告されています。 スズメバチは自分の巣を守るためなら、自分の体の数百倍も大きな人間にも攻撃を仕掛けてきます。もし、伐採をしようとしてスズメバチが近くを飛び回るようなら、直ぐに作業を中止して遠くへ離れることをオススメします。 伐採自体の危険性もさることながら、伐採に伴う危険性もあるので、素人の方が道具を揃えただけで伐採作業を行うのは大変危険です。 専門知識を持った、経験豊富な業者にご連絡されることをオススメします。当サイトへご相談頂ければ、対応できる加盟店の剪定から実際の作業までスムーズにご紹介することが出来ますので、お気軽にご相談ください。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介