伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 夏と冬では、伐採の感覚が異なります

2015.07.27更新

夏と冬では、伐採の感覚が異なります

夏真っ盛り、木々は青々と生い茂り、木陰が涼しげですが、大きくなりすぎた木は、様々な弊害を生みます。特に、今から更に増えてくる台風による強烈な風で倒れたり、枝が折れることが想定されます。 これらは、隣家や通行者、走行中の車などに被害を与えることがあるため、住宅街では特に注意が必要です。 木が大きくなればなるほどこの影響は大きくなりますので、管理ができなくなるほど成長した木については、一度伐採を行って、小さい木に植え直すというのも必要です。 しかし、伐採を自分で行うのは、あまりオススメできません。特に大きな木になればなるほど、その危険性は高くなるからです。 何故かと言うと、同じ高さの木であっても、夏と冬では伐採を行う際の感覚が大きく異なるからです。 これは、夏場の木は、地中の水分をグングンと吸い上げているので、幹の中には沢山の水が含まれていますから、大変重たくなっています。 重たく、水が含まれている分、切断も切り倒した後の搬出も、大変ですし、何より切り倒す際の方向のコントロールが難しいのもその理由です。 夏場の伐採については、専門の業者に依頼するのが、事故なく安全ですので、まずは当サイト、伐採110番までお気軽にご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介