伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 剪定と伐採について

2016.02.22更新

剪定と伐採について

【剪定】
剪定にはお庭に植えてある樹種によって、剪定するのに適切な時期というものがあります。大抵の場合剪定は多くの樹木の行動が低調になる11月から3月ごろにやる事が多いのですが、中には5月6月などに剪定をするのが適切な樹木もあるのです。時期剪定をする時期を間違えてしまうと、花が咲かなくなってしまったり、最悪の場合は木が枯れる原因にもなったりしてしまうのです。剪定の切り方にもいくつかあり、枝の状態などを見て適切な切り方をする必要があるのです。それらの判断は素人では難しいので、業者の方に依頼するのがいいでしょう。

【伐採】
伐採は小さな細い樹木であれば誰がやっても特に問題は無いのですが、大きな木の伐採となるとチェーンソーを使う必要が出てきます。チェーンソーは使い方のコツを知らない人が使うと大変危険で、キックバックという現象を起こしてしまい怪我をする人が多くいます。そして伐採は作業をする前に、切り倒す方向を決める必要があります。業者の人の場合は、木の傾きや枝の付き具合から木の重心を判断して、周りの地形や風向きなども考慮して最も安全に切り倒せる場所を見極めるのです。この判断は素人では難しく、業者の切り方を調べて真似したのに、家に向かって倒れてしまったなどの被害が出ることが多いです。最悪の場合、自分や周りにいた人を下敷きにしてしまう事もあるので、伐採は業者に任せたほうがいいでしょう。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介