伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 伐採をする前にすること

2016.12.13更新

伐採をする前にすること

庭木の伐採をする際には、近隣住民へ伐採を行うことを伝えておきましょう。なにも言わずに伐採を始め、万が一隣の家の庭などに樹が倒れ込んでしまったら、トラブルになりかねません。もちろん、伐採の業者に依頼すれば、個人で行うよりも確実に安全に伐採してくれるでしょう。また、業者に依頼した場合でも、伐採を行うことを伝えることを忘れないようにしましょう。伐採する際にチェーンソーやノコギリなど、どんな道具を使うにせよ、樹を切る際の音が鳴り響きます。人によっては、うるさくて我慢できないなんて方もいらっしゃるかもしれません。騒音でも近隣トラブルへと発展する可能性は大いにあるのです。そのため、伐採を行うことを伝えておけば、事前に理解を得ることにつながり、近隣トラブルのリスクを軽減することができます。伐採する樹の数が多ければ、そのことも伝えましょう。樹を切り終わり、やっとうるさい音がやんだと思ったら、また鳴り始めたとなれば、クレームを言ってくる方がいるかもしれません。事前に「伐採する樹は○本あります」と伝えておけば、そういった事態も回避できるでしょう。業者に依頼すれば、事故が起こる可能性は著しく下がるでしょう。しかし、問題はそれだけではないのです。事前の説明が円滑に伐採を進めることにもつながるのです。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介