伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採をしてトラブルを未然に防ごう

2016.05.13更新

伐採をしてトラブルを未然に防ごう

ご家庭に庭木などがある場合、トラブルになる恐れがあることをご存知でしょうか。例えば庭木の枝が、お隣の家に伸びてしまえば、邪魔になってしまいますし、落ち葉などの処理でも手間をかけてしまうことになります。すぐにトラブルにならなくとも、枝の成長とともに不満は募っていき、ついには爆発してしまいトラブルになる事があります。また、道路などの公共の場所に伸びている場合もあり、標識などを隠してしまえば、多くの方に迷惑をかけることになります。まだ、迷惑で済んでいればいい方で、実害を伴うこともあります。枝に気付かずぶつかってしまったり、折れた枝に当たったり、それが原因で事故を起こすこともあります。そうすれば、その責任は庭木の管理を怠った人に向けられ、多額の賠償金を請求されることもあるでしょう。しかし、庭木の管理というものはなかなかに大変で、大きく成長した樹木であれば、更に困難なものとなってしまうでしょう。庭木の管理というものは一度行えば終わり、というわけではないので、ひょっとしたら嫌になってしまうかもしれません。そんな時には伐採をお勧めいたします。もう不要だと思った庭木をいつまでも残しておいても、そうしたトラブルの原因となりかねません。思い切って伐採してしまえば、不安の種はなくなりますし、手間も省けるかと思います。もし、伐採をしたくてもできないという方は、そうした業者が数多く存在しますので、利用してみるのもいいかもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介