伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採をした後の処分について

2016.08.17更新

伐採をした後の処分について

大きな庭木を切ることも大変かと思いますが、小さな庭木が沢山ある場合も伐採をするのは大変です。植え込みとして生えている庭木を伐採するとなると作業量が大変ですし、伐採をした後の庭木の処分についても困ってしまいます。しかし、業者にまかせていただければそういった点は何ら心配ありません。伐採を扱っている業者は伐採が終わった後に、伐採をした庭木の始末もちゃんと行ってくれます。切り倒した木をトラックで運んだり、大量にある庭木の処分もやってくれたりしますので、皆さまが作業を終えた後の処分について悩むことはありません。もし大量の小さな庭木を自分で始末することになると、その自治体の規定に従った大きさにまず庭木を切り、そして細かくなった庭木をゴミ袋に入れて処分しないといけないのです。切り倒した庭木を更に切るということで処分するものの数が増え、ゴミ袋の数も増えてしまうでしょう。それらの始末をするとなると厄介な労働になってしまいます。かといって放置をしてしまうと切った木材が腐ってしまい害虫などを発生させる危険性もありますし、何より邪魔です。自分で庭木を伐採されるという方もいらっしゃいますが、切った後の庭木の処分にまで意識を向けられているでしょうか。もしそうでないのでしたら、皆さまが伐採する庭木をどう処分するかについて考えてみましょう。自分でできないと感じられましたら、ぜひ当サイトを利用して皆さまの手助けをしてくれる業者を探しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介