伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採は専門の業者におまかせするのが一番です

2016.07.19更新

伐採は専門の業者におまかせするのが一番です

みなさんがお住まいになっているお家のお庭には木は生えていませんか?時と場合によってはその木が邪魔になってしまうこともあるでしょう。ジャマだと思ったのなら伐採をしようと思い、チェーンソーやのこぎり等の専用の道具で切り落としてしまおうと思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。ですが、伐採という作業はとても難しい作業なのです。木を伐採するときには先ほど申し上げた道具を使って作業をしますが、使い方を誤ってしまうと大ケガをしてしまうので取り扱いには十分に注意しなければならないのです。のこぎりの場合でも、間違った使い方をしない限りは大ケガをしてしまうことはないでしょう。しかし、だからと言って油断は出来ませんよね。ノコギリを使っているときに考えられる発生しがちな大ケガの原因とは、木を切り終わった際に勢いあまってノコギリを振ってしまい、足などを切ってしまうということでしょうか。ノコギリよりもチェーンソーの方が危険です。チェーンソーを使っているときに発生しがちな大ケガの原因は、「キックバック」という現象でしょう。キックバックが起こってしまう一番の原因というのは、回転しているソーチェンが釘などの硬い物に当たってしまった際に、チェーンソーが跳ね返って体に触れてしまうということです。体に触れてしまうと大ケガどころではないでしょう。そういったことが起きてしまわないように、伐採は専門の業者に依頼をしたほうが良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介