5つの方法|伐採・剪定・間伐:伐採費用1本あたり2,000円~の明朗会計|伐採110番
伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 5つの方法

2016.04.22更新

5つの方法

伐採は木を切断し丸太を生産することを言います。その伐採にも5つの種類があることはご存知でしたでしょうか?ここでは5つの伐採の方法についてご紹介していきます。

・皆伐
伐採するべき場所の全ての木を伐採することです。森林などの大きな区画樹木を伐採するときによく使われる言葉です。
・択伐
沢伐は伐採すべき場所の中で、ある一定の基準を満たしたものだけを選んでそれを抜き切りしていくというものです。
・間伐
森などで全体的な木の成長を促すために、生えすぎた木を間引く方法です。残そうと決めた木以外をすべて切断することで、森などに生えている草花にも太陽の光が行き届くようになり、木だけでなくその周りの植物の生長も促すことができます。
・除伐
これから先、長期的な期間をかけて育てようと決めた木以外の木を伐採することを指します。庭でいう除草のようなものです。間伐と同じ意味なのではと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、間伐は木の生長を促すために伐採することを指すことに対して、除伐は森などを管理するために差し支えがある木を取り除くということです。
・本数調整伐
治山事業で行われる伐採の名称で、内容的には間伐と似ているものです。日本独特の言い方で、その目的が当該保安林機能の維持増進であるため、間伐と呼び方を区別しています。

一口に伐採といってもその種類は目的によって異なります。伐採のことでお困りの時は、当サイトまで気軽にお問合せ下さい。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介