伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採の歴史

2013.10.08更新

伐採の歴史

伐採の歴史は古く、日本では古代から木造建築をはじめとして日用品に到るまで木製品に必要な資材を確保するために 伐採が行われていました。 中世の木材の伐採を命令した文書が存在しており、寺社造営などの際に作られた文書だそうで、 当時から伐採が盛んであったことが伺えます。 時代は過ぎ、戦国時代には戦国大名の大名領国の成立の際に 炭やうるしの採取、鉱山での鉱物採取、狩猟など山における職人たちが領主権力の思い通りに支配されており、 材木の伐採やそれに付随する資源の採取も同じく職人が働いていて、伐採も国を運営するための重要な 仕事の1つとなっていきました。 伐採は今も昔も人々にとって無くてはならないものとなっています。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介