2016.04.27更新

伐採の方法

大きく成長した木は、倒れると周りの建造物等を巻き込んでしまう可能性が高まり、大きな被害へ発展する危険があります。そのような危険を事前に回避するためにも、不要になった木は伐採をして安全に処分する必要があります。しかし、一口に伐採するといっても、その環境に合わせた色々な方法があります。ここでは伐採の方法をご紹介します。 ・根元から切り倒す チェーンソーなどを使って切り込みを入れて、任意の方向に倒す方法です。よくテレビなので紹介されている一般的な方法です。最も少ない労力で伐採ができる方法ですが、周りの安全を確保できるスペースが必要とされ、切り倒した後の衝撃が非常に大きくなるという欠点があります。万が一建造物が巻き込まれてしまうと、甚大な被害になってしまうので、作業には細心の注意が必要です。 ・上部から切り落とす 木の上部から枝等を順番に切り落としていく方法です。高所作業になるので危険は伴いますが、総合的に見ると比較的安全な方法であると言えます。切断回数が多くなってしまうという欠点があります。 ・釣り上げる 伐採するスペースがない場合に用いられる方法です。クレーンなどを使って木を釣り上げるので、コスト面が欠点です。 ・チルホーン等のウィンチを用いる方法 チェーンソーによる切り込み等で切り倒す方向を調整ができないときに行われる方法です。危険な方向に倒れないようにするワイヤーを張って、切り込みを入れてウィンチで木を引き倒します。 伐採の作業は木が大きくなればなるほど、万が一巻き込まれた場合に死亡事故に発展してしまう可能性がある危険な作業です。伐採でお困りの際には、業者さんへご相談されることをお勧めいたします。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-170-251
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼