伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採の数が減っています

2015.07.30更新

伐採の数が減っています

日本は世界有数の森林国だと言われており、日本の国土の約67%が森林だそうです。この数字はフィンランドに次いで世界第2位の数字です。日本が森林国になった理由として積極的に植林を行った成果です。近年植林により植えられた木々は伐採が必要な時期を迎えています。しかし、現在伐採行なう数は減少傾向にあるようです。なぜ伐採は必要なのに伐採を行なう数は減っているのでしょうか? それは、伐採=自然破壊と思っている人が増えているからだと言われています。これまでの記事でも紹介したように伐採作業は環境面・生活面どちらにおいても必要な作業です。なので、伐採=自然破壊というのは間違った知識だと言えるでしょう。 この問題を解決する為には我々も正しい木の知識を身につけなければいけません。正しい木の知識を身に付けることで伐採が必要な場所を知ることが出来ますし。必要な伐採と不要な伐採の区別も付けられるようになります。 伐採が必要な理由はこれまでの記事で沢山紹介していますので、一度読まれてみてはいかがでしょうか? もし、正しい木の知識を身につけて伐採が必要な場所を発見した場合は、お気軽に伐採110番にご相談下さい。迅速に現地スタッフを派遣します。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介