伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採の危険

2014.08.19更新

伐採の危険

庭のお手入れを自分で行うのは結構大変です。 盆栽や花などであればハサミで簡単に手入れができます。 しかし、自分の背丈より高い木や、 目隠し用の植木はハサミで手入れすることが難しいものです。 その場合はチェーンソーや電動ノコギリなど大きめの道具を使います。 でもこの道具、初心者が使うととても危険なものなのです。 例えば、生えている木に対して要らない枝を切るため、 チェーンソーをあてると跳ね返って大怪我をしてしまう場合があります。 チェーンソーは基本的に固定された台や木材上で、 切りたいものを設置し使用するものです。 チェーンソー使用中に動いてしまう生木を切ることは、 相当な技術があっても危険なことなのです。 このように自分の庭木を伐採する際は危険が伴います。 もし大きめの木を切ることがあれば、 自分で試みる前に一度業者に相談してみることをオススメします。

0120-170-251 0120-697-174
無料相談メールフォームへ 無料相談メールフォームへ
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介